コミュニティ

Twitterデータのイノベーションコンテスト:NTTデータ賞チーム編

投稿者 TwitterDevJP
火曜日, 2020年7月28日

Twitterでは開発者のイノベーション活動とアイデア創発を応援しています。Twitterデータを未知の分野で活用する可能性を模索するため、イノベーションコンテストを開催しています。

NECさんは、NTTデータさんとTwitter Japanの協力のもと2020年1月に分析コンテストを社内開催しました。参加者は、提示されたTwitterデータを分析し、そこから導き出したビジネスアイデアを競うタスクに挑戦。

一次選考を通過したファイナリスト5組による最終プレゼンが行われ、最終審査の結果、「最優秀賞」1組、審査員特別賞として「Twitter賞」「NTTデータ賞」各1組が選出されました。

分析コンテストを通じて、どのようなアイデアが創出されたのか。NTTデータ賞を受賞したチームのお話を中心に本ブログにて紹介します。

NTTデータ賞チーム:

NEC NECソリューションイノベータ デジタルソリューション事業部 第二グループAIサービスグループ

[印象的だった点]

今回は、審査員として参加した発表会の様子も交えて感想をまとめました。Twitterのイノベーションコンテストでは、Twitterデータの活用を通して、プロジェクト全体の付加価値を高めることを支援できるアイデアにも注目します。NTTデータ賞受賞のアイデアは、既存のITプロジェクトに、新しいデータソースとしてTwitterデータを取り入るための仕組み作りにも触れた特筆すべき考え方でした。

NTTデータ賞の発表で、印象的だったのは、データ分析にフレームワークを活用するというアイデアです。そして、現場の課題をお客様視点で据えながら、データの活用の方法を見出してく仕組みとして、「DIVA」と呼ばれる社内共通のフレームワークに着目した点です。

フレームワークを活用することで、分析エキスパートは業務エキスパートなどの他のエキスパートとプロジェクトを連携しやすくなるといわれています。コンテストでも、違う領域のエキスパートが、チームとして参加されて、新しい技術や分析知見のアイデアを創案されていました。

そして、プロジェクトの3つのステップである「見える化」「分析」「対処」に「DIVA」を取り入れることで、データ活用のプロセスをプロジェクト全体に組み込むアイデアでした。PDCAサイクルも取り入れられており、複雑になりがちなプロジェクトのなかで、効果的にデータ分析を実現できる仕組みである点が印象的でした。

[ビジネス向けデータ分析環境との親和性]

ちなみに、今回のアイデアコンテストは、NECアカデミーチームとTwitterオフィシャルパートナーのNTTデータさんとの協業により、「ビジネス向け」を前提としたTwitterデータ分析環境をご提供いただきました。

したがって、正確にサンプリングされたTwitterデータは、Twitter開発者ポリシーや利用規約も十分に満たされてた状態で利用いただきました。NECさんの各種規約も同様に準拠しています。コンテストに参加されたNEC技術者の皆さんは、顧客に安心してお取り扱いいただけるTwitterデータソリューションであることを前提にアイデアを磨いていただきました。

国内企業様の健全なイノベーション活動のご支援という観点からも、「DIVA」などの企業内フレームワークを活用し、「ビジネス向け」を前提としたTwitterデータの利用方法を判りやすく提唱いただいた素晴らしいアイデアです。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

[最後に]

今回のアイデアコンテストでは、NECさんの既存技術とTwitterデータを組み合わせることで、行政やブランドといった顧客、より高い付加価値を提供するためのアイデア創発の取り組みでした。現場には顧客の業務課題の解決に尽力されている方々が大勢いらっしゃいます。Twitterでは、現場で尽力されているデータエキスパート向けに、「ビジネス向け」のTwitterデータサービスによりスムーズにアクセスいただける体制を強化します。

その一つの取り組みは、Twitterデータエコシステムを活用した市場の活性化です。マルチベンダーのNTTデータ社との協業体制のもと、「ビジネス向け」と言われる商用利用を前提としたTwitterデータサービスの展開を拡大します。最新の規約に基づいてTwitterデータサービスをご利用いただけるよう支援体制も強化していきます。

Twitterデータエコシステムの拡大を通じて、より多くの基礎研究を商用利用へ展開いただいたり、幅広い行政やブランド業務に安心してTwitterデータの分析結果や知見をご活用いただけます。

NTTデータ賞チームへのインタビューの詳細は以下をご覧ください。

第四回:記事の総括:https://jpn.nec.com/nec-academy/article/20200611.html

担当者の紹介

後藤 和枝(ごとうかずえ)

  • Data and Enterprise Solutionチームに所属。Twitterデータの日本のパートナー事業をリード
  • ITサービス系プロフェッショナサービスおよび研究開発での予測分析のコンサルタント、ビックデータアナリティクスのスペシャリストを経て現職
  • ビジネス分析の専攻にて経営修士(M.B.A.)を取得(Southern New Hampshire University, U.S.A.)
このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

TwitterDevJP

‎@TwitterDevJP‎

Twitterの開発者向け情報を発信します。

Twitter限定