コミュニティ

新しい開発者プラットフォームでTwitterの未来を構築

投稿者 ‎@ashevat‎‎ および ‎@SonyaPenn‎‎
月曜日, 2021年11月15日

本日、Twitterの開発者向けプラットフォームに追加したいくつかの重要なアップデートついてご紹介します。以下を含め、これまでで最も大きな変更を加えています。

  • 「Essential access(エッセンシャルアクセス)」を提供することで、Twitter上での開発をより簡単にはじめられるようにし、無料のアクセスレベルを追加しました
  • Twitter開発者ポリシーをアップデートして、開かれた会話に、より大きな影響を与えることができる新しいタイプの開発を奨励しています
  • 新機能の提供を開始し、API v2をTwitterの正式な主要APIとしました

今すぐ、無料で開始

Twitterは、初めて開発する方もすぐに利用できるよう、より簡単に開発者アカウントへ登録できるようにしました。また、より多くのデータを無料で得られる新しいアクセスレベルを2つ追加しています。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

Essential access(エッセンシャルアクセス)」では、サインアップと同時にTwitter API v2にアクセスすることができます。1つのアプリケーションの開発環境が提供され、50万ツイート/月の取得が可能です。特に開発の初期段階における、大半の開発者ニーズを満たせるようにしています。最初のリクエストをTwitterに送信することが、開発中のプラットフォームの評価やテストを行う上で最も効果的だからです。Essential accessの詳細はこちらをご覧ください。

またTwitterは、3つのアプリケーション環境(開発環境、ステージング環境、本番環境)と200万ツイート/月の取得できる、無料の「Elevated access(高度なアクセス)」の提供を新たに開始します。すでにTwitter API v2を利用している開発者のプロジェクトは、本日より自動的にElevated accessにアップグレードされます。まだAPI v2を使っていない方は、Elevated accessを申し込む必要があります。

過去に開発者アカウントの登録申請を却下された開発者がTwitterプラットフォームを利用するための解決策を模索中です。Essential accessへの新規登録、もしくはElevated accessの再申請の方法が判明し次第お知らせする予定です。

開発者はTwitterの未来の鍵

Twitterの開発者コミュニティの皆さんが、Twitterを活用した技術革新により未来を切り開いてくれることを願っています。Twitterでは、以下の課題へのソリューションを募集中です:

  • 開かれた会話の健全性と安全性の向上
  • 創造と自己表現を可能に
  • 起きていることの把握と分析
  • コミュニティ体験の向上
  • コンテンツのキュレーションと推奨
  • 社会全体の利益への貢献

すでに多くの開発者が、TwitterのAPIを利用して素晴らしいツールやアプリを生み出し、活躍しています。トレーシー・チョウBlock Party(ブロックパーティー)を設立し、スパムやヘイトスピーチといった利用者が望まないコンテンツをフィルタリングするためのサービスを提供しています。ジャニーク=カ・ジョンは、Twitterスペースに向けた「スペースサーチ」アプリを開発しました。サミール・アル=バトランTweepsmap(ツイープスマップ)でビジネスを立ち上げ、研究者のスタイン・モンテイロは、Twitterがインドの農民デモに与えた影響について理解を深めるためにTwitter APIを活用しています。

Twitterを利用する人のためのソリューションを構築する場合、すでに存在する機能を活用したり、複製したりしなければならないことが多いことを知っています。新しい技術開発を促進するために、デベロッパーポリシーの中で、Twitterのコア機能を使った構築方法の一部を制限したり、アプリでサポートできる利用者数を制限したりする文言を削除しました。このアップデートに関する詳細はこちらをご覧ください。

Twitterの開発者コミュニティは、ユニークな能力や経験、視点を持っており、プラットフォーム上で発生する問題を解決し、新たな可能性の模索するために、私たちだけではとても不可能な数多くのことを実現しています。開発者の技術革新こそがTwitterの未来の鍵であり、今後も開発者の皆さんと共に、Twitterをより良いものにしていきたいと考えています。

API v2をTwitterの主要APIに

本日のアップデートにより、Twitter API v2が正式にTwitterの主要APIになりました。この数カ月間で、v1.1では利用できなかった数多くの新しい機能やエンドポイントがAPI v2に追加されています。その中には、スペースツイートにアンケートを投稿する機能固定設定および固定解除したツイートのリストなどのエンドポイントが含まれます(エンドポイントの全リストはこちら)。開発中のv2用エンドポイントのリストはプロダクトロードマップで、v1.1からv2へのエンドポイントの移行についてはAPIエンドポイントマップでご覧ください。

既存アプリケーションは、v2で全面的にサポートされます。v1.1は引き続き利用可能ですが、重要なバグへの対処のみのサポートとなります。またTwitterの開発チームは、Premium(プレミアム)およびEnterprise(エンタープライズ)v1.1 APIの利用者へのサポートを継続し、将来的にTwitter API v2に移行する際にスムーズに行えるよう努めます。

始め方

私たちは、オープンな開発者向けプラットフォームを構築する途上にあります。より便利なエンドポイントをリリースし、開発者がTwitterで構築できる幅を広げ、技術革新により収益化する機会を作りたいと考えています。私たちは、開発者が簡単に開発できることによりエコシステムに価値をもたらし、開かれたの場での会話に影響を与えることができるようにしていきます。

Essential accessにサインアップして、早速APIの呼び出しを実行してください。プロダクトに関するニュースやお役立ち情報の配信登録をおすすめします。@TwitterDevTwitter Developer Insidersもフォローしてみてください。Twitterは開発者の皆さんの声に耳を傾け、学び、より一層サポートしていきます。皆さんが創造するものを楽しみにしています。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.