ツール

プラットフォームの健全性向上を目指す開発者向けの新しい要件

投稿者 ‎@yoyoel‎‎ および ‎@robjohnson‎‎
2018年7月24日 火曜日

2006年以来、TwitterのAPIは開発者の皆さんに世界の出来事とつながる機会を提供してきました。私たちは、開発者がTwitterプラットフォームで開発する革新的で有用な数々のサービスが登場することを楽しみにしています。Twitterを利用して重大な情報をTwitterで共有するスペインの小都市Junから、企業によるTwitter活用を支援する強力なツールを開発している会社まで、さまざまな利用者の方がいらっしゃいます。もちろん、開発者の皆さんがTwitterプラットフォームを使ってコードの書き方を学び、データサイエンスのキャリアを積み、@pentametronのようなTwitter上で楽しめる体験を生み出されるのを目の当たりにしてきました。

私たちは、APIプラットフォームのロードマップに合わせて、Twitterをよりいい場所にするような製品やサービスの開発する皆さんに、プラットフォームへのアクセスを提供すること努めています。しかし、スパムや悪意ある自動化ツールやプライバシーの監視や侵害といった課題に向き合うため、現在、Twitter上で交わされる会話全体の健全性を高めることにデベロッパープラットフォームが確実に貢献できるよう追加の措置に取り組んでいます。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
このツイートは閲覧できません.

私たちは、スパムの生成、会話の操作、またはTwitter利用者のプライバシー侵害を目的としたAPIの使用を許可しません。2018年の4月から6月の間、143,000個以上ものポリシーに違反しているアプリを削除しました。また、悪意あるアプリをより迅速かつ効率的に阻止するために、改良されたツールやプロセスの構築のための投資を続けています。このため、問題のあるアプリが活動を始めた後に削除するという現在の取り組みを続けるだけでなく、そもそもこうしたアプリによるプラットフォームへのアクセスを制限する措置を取るよう取り組んでいます。

本日、全ての開発者の皆さんを対象とするTwitterのAPIの新しいアクセス登録手続きと、今後予定している説明責任の強化のための変更点についてご説明いたします。後者は、大量のコンテンツやTwitterアカウントを生成するようなアプリを念頭に置いた措置です。これらの変更により、私たちから見て開発者の皆さんのプラットフォーム利用状況の可視性とコントロールが向上します。その目的はスパムやプラットフォームの悪用に対処し、Twitterサービスを全ての方にとって安心かつ安全に保つことです。

新規アプリの登録プロセス

昨年11月に導入した新規開発者アカウント登録プロセスには、ユースケースの審査とポリシー遵守の確認の他、スパムや品質の低いアプリの登録を防ぐ新しい保護措置があります。TwitterのStandard APIsとPremium APIsへのすべての新規アクセス要求について、本日よりこのプロセスが適用されます。この変更では、APIアクセスができるようになるまでのプロセスにいくつかの追加手順が発生したり、多少の追加時間が必要となる一方、ポリシーを遵守した上で、Twitterだから実現する高品質な体験を開発しようとする開発者の皆さんを支援します。


これらの変更による開発者の方への影響は以下の通りです。

  • 本日より、TwitterのAPIへのアクセスをご希望の全ての方に、developer.twitter.comにある新しいデベロッパーポータルで開発者アカウントを登録していただくことになります。いったん登録が承認されれば、developer.twitter.comで新たにアプリを開発したり既存のアプリを管理できるようになります。既存のアプリはapps.twitter.comでも引き続き管理できます。
このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
  • 今後は、APIに既存のアクセスを持っている全ての開発者の方に、アプリを維持するために開発者アカウントの登録を完了していただく必要があります。遅くとも、この要件を適用する90日前までには通知をご案内いたします。この適用を待たずしてapps.twitter.comを停止することもあり得ます。その場合には、たとえ開発者の方がその登録プロセスを開始していなかったとしても、そのアプリを管理するためにdeveloper.twitter.comに確実にアクセスができるようにします。
  • 登録にあたっては、ポリシー遵守をより確実にするため、TwitterのAPIをどのように使用するか、またはその使用意図などの詳細情報をご提供いただくことが必須となります。あらかじめ詳細情報をご提供いただくことで、登録の承認に要する時間が短縮されます。登録情報に不備や不足があると、開発者の方に追加情報の提供をお願いするため承認が遅れる場合があります。Twitterのポリシーを遵守していただけない場合は却下となります。
  • 登録の承認された後も、アプリによるTwitterのAPI使用方法を変更したり、追加の製品や機能へのアクセスをリクエストする場合、さらに厳格なポリシー審査を追加で受けていただくことになる場合があります。これには頻繁に、または大量のコンテンツをTwitterにポストできるようにすることへのリクエストが含まれます(下記をご参照ください)。
  • また、1つの開発者アカウントで登録できるアプリのデフォルト個数も10個までに制限する予定です。10個以上のアプリの登録が必要な開発者の方は、Twitter APIポリシーサポートフォームを使用してその許可のリクエストができます。例えば、クライアントに固有の製品や個別のアプリを必要とする場合などです。もしすでに10個以上のアプリを登録している場合、規則を遵守している場合は引き続き利用可能ですが、アプリ追加の許可をリクエストするか、使用しないアプリを削除するまで、新規のアプリは登録できなくなります。

この新規プロセスにより、私たちは開発を始めるまでに余分なステップと時間が生じることを理解しています。ポリシーを遵守してくださるTwitter開発者の皆さんがスムーズかつ速やかに開発を始められ、スケールできるプラットフォームの構築を続けることを目指しています。アカウントを保護しながらその目標を達成し、開発者の皆さんに求める説明責任と開発が容易になる最良なバランスをとるため、このような措置に取り組んでいます。

POSTエンドポイントに対する新たなレート制限

開発者アカウントの登録プロセスの変更とならび、共通のPOSTエンドポイントに対して新たにデフォルトのアプリレベルのレート制限を導入するとともに、ハイボリュームでツイートするための特権を開発者が取得するための新規プロセスを導入します。これらの変更は悪意ある行為をする者がAPIを利用してTwitter上でスパムを作成する能力を弱める一方で、引き続きアプリやビジネスを構築し、成長する機会を適正規模で提供していくために必要な措置です。この変更は本日エコシステム上でアクティブなアプリのごく一部にしか影響しませんが、ツイート、リツイート、いいね、フォロー、またはダイレクトメッセージを生成する全てのアプリが適用対象となります。

変更点は以下のとおりです。

  • 2018年9月10日に新たなデフォルトのアプリレベルのレート制限を追加します。ツイート、リツイート、いいね、フォロー、またはダイレクトメッセージを生成する全リクエストが適用対象です。この変更により、単一アプリが実行できるPOSTアクティビティの既存のデフォルトのレートが大幅に減少することになります。ポリシーに遵守している開発者は既存のアクセスレベルを維持でき、また新規リクエストのプロセスを通じて高いアクセスレベルを取得できます。
  • 各エンドポイントに対する新しいデフォルトの制限値は以下の通りです。これらのアクションに対する既存のユーザーレベルのレート制限に追加して適用となります。デフォルトで、アプリは(アプリ全利用者を含む)以下の通り制限されます。 

   - ツイートおよびリツイート(合算値): 3時間で300件 

   - いいね:24時間で1000件

   - フォロー:24時間で1000件

   - ダイレクトメッセージ:24時間で15,000件

  • アクセスを増やすことに妥当性があるアプリに対しては、このデフォルトのアプリレベル制限を解除し、現在と同レベルのアクセスに戻します(ユーザーレベルのレート制限のみ)。ただし、開発者はリクエストを提出する必要があり、私たちはアクセス増加の許可にあたり詳細にわたり審査します。このプロセスの一環で、詳細な情報の提供をお願いすることがあります(例:製品の特定機能が自動化ルールに完全に準拠しているかなど)。
  • この変更による混乱を最小限に抑えるため、私たちは影響を受ける可能性があるアプリケーションのポリシー審査をあらかじめ実施し、資格を満たしている開発者の方々には9月10日にアプリに悪影響が及ばないよう、高いアクセスレベルのリクエストの方法についてご連絡します。確実にご連絡できるよう、アプリに紐付けされているTwitterアカウントのEメールアドレスが最新かつ認証済みであるかをご確認ください。
  • 今後も、これらのレート制限に近づくアプリについては、あらかじめ審査を実施し、高いアクセスレベルのリクエストの方法を開発者の方にご連絡することを続けてまいります。この継続的な審査を通じて、正当な方法で開発をしていただいている開発者の方の混乱を防ぐと同時に、開発者の方がポリシーに準拠していない点をより迅速に特定し対処できるよう支援していきます。
  • このレート制限についての追加情報については、Twitter APIポリシーサポートフォームを利用してご要望いただけます。アプリを提供する準備が整い、これらのレート制限を超過する可能性が高いと想定されて、事前に審査をご希望される場合は、同じフォームを利用してご連絡ください。

一般的に開発者の皆さんには、このような変更に対する十分な準備期間をご提供したいと考えていますが、Twitterプラットフォームと利用者の皆さんを悪用と不正操作から保護することを最優先としているため、この変更の実施を前倒しすることとなりました。実施時期は前倒しにはなりましたが、開発者の皆さんに必要な情報をご提出いただき、ポリシーに準拠したアプリへの影響を最小化して、全ての審査を完了してするための時間は確保したいと考えています。


不正アプリの通報

最後になりますが、皆さんにプラットフォームポリシー違反の疑いがある事例をご報告いただき、私たちが審査するための新規オプションを導入します。APIを使用してスパムを生成したり、利用者のプライバシーを侵害したりしているものやその他のルール違反を見つけた場合、ヘルプセンターの「不正アプリを報告する」オプションを使用して通報することができます。

私たちのポリシーやアプリの審査方法に関する詳細は、Twitter開発者契約開発者ポリシー自動化ルール利用目的の制限のドキュメントをご参照ください。開発者フォーラム内のルールとポリシーのカテゴリーを利用して、ポリシーに関してご質問いただくこともできます。

開発者プラットフォームの最新情報を入手する方法は、@TwitterDevのツイートをフォローし、私たちの他のチャンネルからの開発者向けニュースを購読してください。今後の予定については、ぜひ開発者プラットフォームロードマップをフォローしてください。

 

 

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.