Twitter上の動画が自動再生になります

ツイート

Twitter上でより動画を楽しんでいただけるよう、ツイートに添付した動画やVine、GIF画像が自動的に再生されるようにしました。なお、タイムライン上で自動再生されている動画の音声はミュートされています。

以前はTwitter上で動画をご覧いただく際には、何度かタップをしていただく必要がありました。決勝戦の映像や大好きなテレビ番組、緊急のニュースなど、ツイートを開いて動画を再生する間ももどかしい思いをされた方もいらっしゃると思います。再生までの手間を減らしたり、タイムライン上で動画やVineの再生ができるようにするなど、この何年かの間に動画に関する機能にさまざまな変更を加えてきました。今回は、ツイートをタップして音付きで映像を拡大して再生する前にそれがどのような動画なのかがわかるよう、タイムライン上で動画が自動再生されるようにしました。また、この自動再生によって、次々とリアルタイムの情報ツイートが入ってくるタイムラインでの動画の見逃しも減らせるかもしれません。

タイムライン上の動画は音がでない状態で自動再生されます。動画をタップすると音声が出ると同時に、動画が拡大され、より閲覧しやすくなります。なお、スマートフォンなどの向きを変えて動画を横長に表示すると、自動的に音声が再生され、動画が画面いっぱいに表示されます。

動画の自動再生テストを行っている期間中、この機能を利用できていた利用者の方々はこれを好んで利用されていました。動画を見るための手間を省くということは、見たい動画をより簡単に楽しめるようになるということです。でも、やっぱり自動再生はいやだ、という方には設定で変更できるようにしました。これまでのように動画をタップしてから再生ということも、wifiに接続されている時だけ自動再生にすることもできます。なお、データ通信の値段がとても高かったり、データ通信の帯域が狭い通信システムを使われている国や地域の場合は、思いもかけなかった額の請求書を受け取ることがないように自動再生を外しています。このような地域では、これまで通りクリックしてから再生という方法で動画をご覧いただけます。動画の自動再生およびその設定については、こちらのヘルプセンターをご覧ください。

この動画の自動再生は本日よりiOS版Twitterアプリおよびtwitter.comにて始まっています。Android版Twitterアプリにも近々搭載される予定です。広告主の方でこの機能が広告のキャンペーンにどう影響を与えるかが気になる方は、こちらのブログをご参照ください。

トピック