より安心してご利用いただくために(現在の状況)

ツイート

Twitterを安心してご利用いただける場にすることは私たちにとっての最優先事項です。Twitterを表現の自由があり、それぞれのトピックに様々な視点から意見を延べられる場にしたいと考えていますが、残念ながら、罵倒や嫌がらせを受けたり、自由な発言がしにくくなってしまうケースも存在します。このような事態を解決すべく、いくつかのことを始めています。

昨年11月には、それぞれの利用者の方がTwitter上でご覧になるコンテンツを、ご自分でもっとコントロールできるようにしました。先週は、嫌がらせを受けている方がより報告いただきやすくなるように、問題報告の方法にも変更を加えました。

今回は、「嫌がらせアカウント作成の抑止」「セーフサーチ」「嫌がらせと思われるものや質の低いツイートへの対処」という3つの部分での変更をご案内します。

嫌がらせアカウント作成の抑止
アカウントを永久的に停止された方が新しいアカウントをつくることを阻止するための識別ができるようにします。これにより、もっともよく見かけ、また大きな影響を与えやすい、罵倒や嫌がらせのためだけのアカウントを作成するケースを減らすことができると考えています。

セーフサーチ
検索結果からセンシティブなコンテンツやブロックしたアカウントからのツイートを外す「セーフサーチ」の提供を始めます。検索結果上での表示は外しますが、該当ツイートを探したい場合にはご覧いただくことも可能です。セーフサーチについては、今後こちらのヘルプセンターにもご案内いたします。

嫌がらせと思われるツイートや質の低いツイートへの対処
嫌がらせになるであろうというツイートや質の低い返信ツイートを識別し、表示を抑える一方で、関連度の高い会話を目につくところに表示することにも着手しています。表示を抑えられたツイートも、見たいと思われる場合には見ることができるようにします。これに関しては今後数週間のうちに順次提供を始める予定です。

より安心してご利用いただけるサービスにするため、目に見えるもの、見えないものの双方を含め、これから数週間の内に少しずつ変更を加えていきます。各変更のプロセスは皆さんにもご案内予定です。いずれの変更も、皆さんに大きな変化を感じていただけるまで、様子を見ながら少しずつ進めてまいります。

安心してご利用いただける場にするために、少しでも早く、効果的に進められるよう、ぜひ皆さんのフィードバックをいただけますと幸いです。

トピック