カスタムハートでプロモライブビデオのキャンペーンをさらに魅力的に

ツイート

本日より米国で先行して、広告主の皆さんがPeriscopeを使った広告配信であるプロモライブビデオにカスタムハートをつけて、さらに楽しくパーソナライズされたキャンペーンを展開いただけるようになりました。ブランドのキャンペーンやコンテンツ戦略にとって動画がとても重要になってきている中、カスタムハートを使うことでプロモライブビデオのキャンペーンを視覚的にも差別化し、魅力的にすることができます。

Periscopeのハートは、TwitterやPeriscopeの上で、視聴者の方々がライブ配信者に共感や好意を手軽に伝えることができるユニークな機能です。Periscopeのハートをカスタマイズすることで、広告主の皆さんはライブ配信のキャンペーン中にブランドをより印象づけることが可能です。また、広告主はライブ配信中に視聴者からカスタムハートを通じてブランドに対する多くの熱狂的な反応を期待できます。

使い方

ライブ配信者は、配信のタイトルに特定のハッシュタグを入れることで、ブランドのために特別にデザインされたカスタムハートがその配信中に表示されるよう設定できます。視聴者側では、カスタムハートを通常のハートと同じ要領で使うことができます。カスタムハートは通常のプロモライブビデオだけでなく、プレロール広告をともなったスポンサーシッププログラム内のライブ配信でも使えるようになります。

#F8Premiere のカスタムハート

NBCユニバーサルは映画「ワイルド・スピード アイス・ブレイク(原題、The Fate of the Furious / Fast & Furious 8)」のキャンペーンにて米国で初めてカスタムハートを活用します。本キャンペーンでは出演者たちによるイベントの様子なども合わせて配信されます。視聴者の方々は一連のキャンペーンをワイルド・スピードの公式アカウント@FastFuriousを通じて見ることができるほか、「F8」とデザインされたカスタムハートを使うことが可能です。

 

@FastFurious を通じて配信されるライブ配信でカスタムハートを使ってお楽しみください。

トピック