Twitter Japan Blog

日本にまつわるTwitterのすべての情報をお届けします。

次の条件によるTwitter Japan Blog からの検索結果: 1月 2012

週間ハッシュタグランキング(1月22日から28日)

1月第4週にたくさんツイートされたハッシュタグをご紹介します。今週は圧倒的に日本語のものが多く、日本語のハッシュタグを皆さんが活用してくださっているようで、とても嬉しく思います。

また、早速バレンタインデーに関するハッシュタグが使われていて、Twitterユーザーの皆さんが季節を先取りしている様子が伺えます。

Read more...

これからも自由に発言できるために

Twitterでは、1年前に「 ツイートを自由に発言できるように」でこのように書きました。

「オープンな情報交換は世界にポジティブな影響を与える」、これが実務上、かつ道徳上の私たちの信念です。…道徳上、世界中のほとんど全ての国 (リンク先は英語) は言論の自由を人間の権利として認めています。多くの国では、言論の自由は責任感を生み、制限を生むと考えられています」

Twitterが世界のさらに多くの人々に使われるようになった今、言論の自由という考えに対して違う見方を持っている国々でも利用されるようになりました。言論の自由というものに対し、国によってはTwitterとはまったく異なる考えを持っているため、Twitterが利用できない場合があります。また、言論の自由についてTwitterと同じような考えを持っていても、歴史や文化的な背景から特定のコンテンツは表示できない場合があります。例えば、フランスやドイツでのナチスの扱いがこれに該当します。

Read more...

翻訳センターに新しい言語が加わりました

先日より、Twitterの翻訳センターに右横書きの言語(アラビア語、ペルシャ語、ヘブライ語、ウルドゥー語)が加わりました。

Twitterの翻訳センターは世界中の人々へローカライズをするためのクラウドソーシングシステムです。現在、425,000人以上のボランティアの努力により22か国語でTwitterがご利用いただけています。

これらの新言語に対応するために、Twitterではツイートとハッシュタグが右横書き言語の環境でも正常に動作する新しいシステムを開発しました。ボランティアの方々による翻訳が完了し次第、まず、アラビア語、ペルシャ語、ヘブライ語から公開し、続いて春頃までにウルドゥー語でのサービスを開始する予定です。

Read more...

ハックウィーク@Twitter

今週、サンフランシスコにあるTwitter本社では「ハックウィーク」と称して、エンジニアをはじめとした社員たちが日常業務から離れて、より新しく、情熱的で革新的なアイデアを現実のものにするべく取り組んでいます。

100近いチームが組まれ、たくさんの従業員が新しいプロジェクトに取り組んでいます。中にはTwitterをより使いやすくするものや、新しい機能として発表できる可能性があるようなものがあり、この機会はとても楽しく、社員たちの創造力を刺激するとてもよいきっかけとなっています。

Read more...

週間ハッシュタグランキング(1月1日〜7日、8日〜14日、15日〜21日)

1月の1〜3週で、ツイート数が多かったハッシュタグをご紹介します。

1週目は多くの方がテレビ、そして沿道で応援された箱根駅伝関連のハッシュタグが上位を占めました。選手の中にもTwitterをされている方が多くいらっしゃっいますので、選手ならではの臨場感あふれるツイートを楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

2週目には解散を発表した東京事変とボーカルの椎名林檎さんに関連したものが多くツイートされたようです。

3週目には、歴史上の人物、また、今回のランキングには漏れましたが、文豪、音楽家などがTwitterをやっていたらなどのハッシュタグが盛り上がり、まるで歴史上の人物たちがツイートをしているかのようなそんなタイムラインが流れていました。

Read more...

Twitterのゴールは「世界のすべての人を、その人が最も大切だと思うことに瞬時につなぎます」です。

リアルタイムでのツイートのやり取りを可能にするコネクションは、人間同士の絆も強められると信じています。 良いタイムラインは絆で溢れています。お気に入りのお笑い芸人のおもしろツイートも、友達からのツイートも、あなたとあなたの大切な人たちをつなぐ「絆」です。

今回、さらなるつながりを目的に、「Yahoo! JAPAN」 のアドレスブックから簡単に友だちを招待できる機能の提供を始めました。(※)

Yahoo! JAPANやTwitterをご利用になって、既存の絆を強め、さらに新たな絆が沢山生まれますように。

Read more...

ローカライゼーションとは?

こんにちは。Twitter Japan ローカライゼーションチームです。

ローカライゼーション?なんだろう?と思われる方も多いと思いますので、今日は私たちローカライゼーションチームについて少しお話しさせてください。

Twitterはご存知の通り、アメリカで生まれたサービスです。そのため、元々は全て英語で作られています。それを日本の皆さんに分かりやすく、使いやすいものになるようになるように務めているのが私たちローカライゼーションチームです。

それって単に英語を日本語にすればいいんじゃないの?って思われる方も多いと思います。

ところが英語と日本語では背景にある文化や習慣などが大きく異なるため、元の英語をそのまま翻訳したのでは、意味がよくわからなかったり、日本人には馴染みにくい表現だったりすることがあります。そのため、Twitterらしさを残しながらも、日本人にとってより自然で親しみやすい、そういうものを目指しています。

また、多くの方が使われている携帯電話は日本独自のもののため、携帯版Twitterは日本人エンジニアによって作られました。これをさらに使いやすく、また、わかりやすいものになるように取り組んでいます。

Read more...

Twitterに新しい言語が加わりました

Twitterの翻訳センターは400,000人以上のボランティア翻訳者とクラウドソースによって成り立っています。 世界中のたくさんの方のご協力により、現在では21カ国語で利用することができます。 最新ではデンマーク語、フィンランド語、ノルウェー語、ポーランド語が加わり、先週末にはスウェーデン語での利用ができるようになりました。

ボランティア翻訳者も増加しており、Twitterでは地球上のすべての人々に利用していただけるよう、翻訳センターもより進化していく予定です。

他の言語でTwitterを利用してみたいという方は、設定から言語設定を変更してください。

Read more...

2012年 Twitter Japan セールスチームより新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

2012年は、Twitter Japanのセールスチームにとって、大きな節目を迎える年になりそうです。

2011年にTwitter Japanが活動を開始し、10月にTwitterならではの3つのプロモ商品「プロモトレンド」「プロモアカウント」「プロモツイート」を広告代理店を通じて販売を開始しました。プロモ商品とは、広告主とTwitterユーザーが最も親和性が高くなる場所とタイミングでユーザーが共感共鳴できるよう接触し、かつTwitter独自のリアルタイム性を広告にまで反映させることができる全く新しい広告商品です。日本の広告主の皆さまには発表直後にも関わらず、この画期的な商品をいち早くご検討いただき、様々なプロモーションにご活用いただきました。

今年も企業と消費者をつなぐ架け橋としてTwitterをご活用いただけるよう、セールスチーム一丸となって企業の皆様を支えていきたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

Read more...

2012年 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

2011年は、日本において、そして世界において、歴史的な一年でした。 Twitter Japanは、そうした激動の一年に、活動を開始しました。

Twitterは、世界中の人々が、それぞれの人にとって最も大切な情報を見つけることができる場所になりたいと願っています。 ひとことで「情報」と言っても、それは実に多様です。スキーが好きな方にとってはゲレンデ情報はとても大切な情報でしょうし、通勤中の方には、電車のスケジュールがとても大切かもしれません。子供の学校の運動会についての情報も、新しいレストランの情報も、好きなミュージシャンの新しいCDの情報も、全て大切な「情報」。あなたにとって重要な情報を、あなたが求めた時に、リアルタイムで届けるプラットフォームが Twitter。 2012年、皆さんにもっと役に立てるように、ますます磨きをかけていきたいと思います。

Read more...