Twitter Japan Blog

日本にまつわるTwitterのすべての情報をお届けします。

次の条件によるTwitter Japan Blog からの検索結果: 3月 2017

新しいプロフィールアイコンのデザイン

トピック

この7年の間にTwitterのアカウントを作られた皆さんは、始めのプロフィールアイコンが卵だったのを覚えていらっしゃいますか?これは「卵からスタートし、そこからかえった鳥がタイムラインにツイート(さえずり)をお届けする」という思いを込めてデザインされました。でもそろそろ、皆さんが、ご自分ならではの画像や写真をアップロードしてもっと自己表現したくなってくださるものに変更したいと考えました。そこで、デフォルトのプロフィールアイコンの新しいバージョンのご紹介です。

なぜこのデザインに変更したかを順を追ってご説明しましょう。

Read more...

児童の性的搾取へのTwitterの取り組み

トピック

Twitterから児童の性的搾取活動を撲滅するため、これからもTwitterルールを積極的に施行していきます。

Read more...

返信ツイートにも140文字フルに使えます

トピック

昨年、ツイートをより便利にご利用いただけるように、文字数に関するご案内をしたことを覚えていらっしゃいますでしょうか?この時にご案内したひとつ、「返信ツイート時の@ユーザー名は140文字に含めない」という変更が始まります。返信するユーザー名は本文の140文字には入れませんが、ツイート本文の上には相手の名前が表示されますので、誰に向けて返信しているかをご確認いただけます。

本文にユーザー名分の文字数を含めないことで、特に複数の方への返信時などに感じた140文字に収まるかどうかの心配を少し軽減できると考えています。

この変更は皆さんからのご意見と、リサーチやテストにもとづいて行いました。テストによると、この変更によってTwitterの上での会話がより多く行われるようになっています。

Read more...

オーディエンスのインサイトをもっと知る2つの方法

トピック

Periscopeをご利用の皆さま

ご自分のライブ動画の視聴者についてもっと知っていただける、2つの新しい方法をご案内します。視聴者の方々が動画の配信者にどのようにコミュニケーションをとっているのかがわかる新しいタブと、配信する動画についての分析を表示するダッシュボードをご用意しました。

アクティビティタブ

新しいアクティビティタブでは、新たにフォロワーができたときや動画が再生された時など、動画配信者やそれぞれの動画についての視聴者からの反応を見ることができます。このタブにはこれからも新しい機能を追加予定です。今後数日の間に、iOSとAndroidの両方に順次提供されます。

Read more...

Periscope APIのご案内

トピック

GoProやドローン、360度カメラをはじめ、ライブ配信を行う方法はたくさんあります。既存のライブ配信方法に加わる新しい手段として、ハードウェア、ソフトウェア、カメラから直接やWebサービスから直接ライブ配信を行えるPeriscope APIのプライベートベータ版の提供を開始します。

Periscope APIは開発者の皆さんがPeriscopeのデータをプラットフォームから直接読み込んだり、書くことができるようにするもので、カメラやWebサービスから直接ライブ配信を行うなど、ライブ動画の共有方法を新しくつくっていただくことができます。例えば、下記のベータパートナーの方々も、Periscopeのライブ動画とその他のデータを結びつける新しい方法をお試しくださっています。

Read more...

第89回 選抜高等学校野球大会の初戦と決勝をTwitterでライブ配信

トピック

Twitterには、世界各地から、今起こっているできごとに関する情報が次々と集まります。最近はさまざまな場面でのライブ動画も増えてきました。Twitter自体も、今年1月、動画クリエイターイベント「U-FES.」にご協力することでTwitterにとって日本で初めてとなったライブ動画の配信を行いました。

Read more...

安全のための最新の改善点

トピック

Twitterをより安心してご利用いただけるように、これまで以上のスピードで改善を進めています。この数週間に渡り、「嫌がらせによるツイートの報告の改善」「嫌がらせアカウント作成の抑止」「セーフサーチの提供」「嫌がらせと思われるものや質の低いツイートを見えにくくする」「ブロックやミューとしたアカウントからの通知数の削減」を行ってきました。すでにこれらの改善点による効果が見られ、ご意見をくださった皆さんに感謝しています。

今週、さらに安全面のアップデートを行います。こちらに、攻撃的な内容のツイートを減らす技術の利用について、また、皆さんがご自分のお好みでコントロールいただける新しいツールのご提供について、安全性を高めるためにTwitterが行っていることについてをご案内させてください。

Read more...