Twitter Japan Blog

日本にまつわるTwitterのすべての情報をお届けします。

Twitter Japan Blog さんからの投稿 セキュリティ

Periscope: スパムフォロワーの処置

トピック

Periscopeをご利用の皆さんへ

Periscope上の確認ができたスパムアカウントを削除しました。ほとんどの方々に影響はないはずですが、もしかするとフォロワー数が変わっていらっしゃるかもしれません。

ライブ動画は画面の向こう側にいる方々との生のコミュニケーションを生み出します。Periscopeチームにとって、安心してコミュニケーションいただけるコミュニティを提供することはとても重要なことです。

ご自分のライブ動画を見てくださる視聴者コミュニティを育てていくことは、時間も労力もかかります。皆さんがいろいろな努力をされてフォロワー数を増やしていらっしゃることはよく存じています。今回、フォロワー数が減っていらっしゃる方はがっかりされてしまうかもしれませんが、スパムアカウントを減らし、Periscope上のコミュニティを実際に動画を視聴されている方々だけにすることで、より健全な土壌が育つと考えています。

Periscopeチームは今後もサービス上のスパムアカウントのモニタリングを続けてまいります。今回のように、該当アカウントに処理を行った場合にフォロワー数が減ることがありますが、ご理解をいただけますようにお願いします。

Read more...

より安心してご利用いただくために(現在の状況)

トピック

Twitterを安心してご利用いただける場にすることは私たちにとっての最優先事項です。Twitterを表現の自由があり、それぞれのトピックに様々な視点から意見を延べられる場にしたいと考えていますが、残念ながら、罵倒や嫌がらせを受けたり、自由な発言がしにくくなってしまうケースも存在します。このような事態を解決すべく、いくつかのことを始めています。

昨年11月には、それぞれの利用者の方がTwitter上でご覧になるコンテンツを、ご自分でもっとコントロールできるようにしました。先週は、嫌がらせを受けている方がより報告いただきやすくなるように、問題報告の方法にも変更を加えました。

今回は、「嫌がらせアカウント作成の抑止」「セーフサーチ」「嫌がらせと思われるものや質の低いツイートへの対処」という3つの部分での変更をご案内します。

Read more...

1回の報告に複数ツイートを付けられるようにしました

トピック

最大5つまでのツイートを一度に報告できるようにしました。

Read more...

より安心して利用できる環境のためにブロックリストを共有できるようにしました

トピック

Twitter.comのご自分のブロックリストを共有することができるようにしました。この機能は、複数アカウントのブロックを簡単にするものです。

ミュート機能とブロック機能はTwitterのより安全で快適な利用をサポートするツールです。多くの利用者の方々が便利に利用されている一方、ご自分が望まないメッセージを多く受け取られる方々からは、より強力なツールのリクエストをいただいていました。今回の機能はこのような背景から生まれています。ご自分のまわりで同じような問題を持っている方にご自分のブロックリストを共有したり、他の利用者のリストを自分のアカウントにインポートすることができるようにしました。Twitterの開発者コミュニティによって開発された、この一歩進んだブロック機能により、このような問題を持たれている方々が少しでも快適にTwitterをご利用できるようになることを願っております。

Read more...

より安心してご利用いただけるために

トピック

ここ数ヶ月の間、Twitterを安心してご利用いただけるように、レポートの方法などを向上させてきました。安心してご利用いただくための努力はこれからも続きます。

数カ月前、スパム的な内容であったり、迷惑であると思われた場合、ツイートから直接ブロックや報告ができるようにしました。これに続き、なりすまし、自傷行為、個人情報の記載ツイートの報告もツイートから直接報告いただけるようにしました。この変更は本日より数週間の間に皆さんのアカウントに順次提供されていきます。

この半年の間、製品の変更以外にも、皆さんからの報告を拝見、調査する過程の見直しも行いました。例えば、不正な使い方についての報告をいただいた場合、皆さん側からの報告方法を変えただけではなく、Twitterの裏側のツールや人員の配置なども替えました。これまでと比較して5倍の調査量に対応でき、問題の報告をサポートするチームを3倍に増員しています。

このツールと人員の変更により、より多くの報告にずっと効率よく対応できるようになりました。皆さんから頂戴するレポートの量が増えている中、これまでよりも対応時間が短縮されています。

Read more...

アカウントの安全のために

日頃Twitterをご利用いただいている皆さまに、今一度ご確認いただきたいことをご案内します。

Read more...

少しでも安心なサービスに

トピック

今月2日のセキュリティ攻撃や、先日のバグによる非公開リストの表示など、皆さまにご迷惑、ご心配をおかけし、たいへん申し訳ございません。

Twitterは、スポーツ、天体現象、音楽、時事問題、趣味などなど、世界中の方のそれぞれがもっと身近に感じたいと思っている人や物事との距離を近づけることをミッションとしています。でも、これを実現するためには世界中の方々が安心して使えるサービスを提供することが大前提です。少しでも安心なサービスを提供できるよう、Twitterは全力をつくします。

例えば、フィッシングメールを減らすため、新しい技術の利用を始めました。フィッシングメールとは、知り合いからのメールに見せかけて大切な情報を引き出そうとするようなメールです。きっと皆さんの中には twitter.com から送られてきたように見える怪しいメールを受け取られたことがある方もいらっしゃると思います。このメールを減らすため、TwitterはDMARCという技術の利用を始めました。

Read more...

より安全にご利用いただくために

トピック

すでにニュースでお読みになられた方も多いと思いますが、このところ、アメリカのテクノロジーとメディア企業を対象にした大規模なセキュリティ攻撃が行われています。この2週間にNew York Times、Wall Street Journalがシステムを、またAppleやMozillaはもともと設定されているJava(プログラムのひとつ)をオフにされました。

今週、Twitterは通常とは異なるアクセスパターンがあり、調べてみるとTwitterのユーザーデータへのアクセスのようでした。行われていた攻撃は止めたのですが、調査の結果、ユーザー名、メールアドレス、セッションIDや暗号化されたパスワードなど、約25万人のユーザー情報にアクセスされた可能性があります。

該当するアカウントにはTwitterからパスワードのリセットをかけ、セッションIDの破棄をしました。この該当アカウントに含まれているユーザーの方々には、Twitterからパスワードの新規作成のご案内をお送りしています。ログイン時にこれまでのパスワードはご利用いただけません。

Read more...

スパム撲滅のために

トピック

Twitterはかなりの速度で成長しています。現在、アクティブユーザー数は1億4千万、1日のツイート数は3億4千万件です。ユーザー数が増えるほど、たくさんの素晴らしい情報を得ることができるようになりますが、反面、スパムのターゲットにもなってしまいます。スパムの数はたくさんの良い情報の中で微々たるものではありますが、やっぱり見たくないものですよね。

以前、スパムについて触れたことがあります。Twitterのエンジニアたちはスパムをやっつけようと日々戦っています。そして、今、法律という素晴らしい武器をみつけました。

スパムと戦う上でのチャレンジのひとつは、Twitter上にスパムが拡散されるようにつくられたツールです。これは他のスパマーたちも簡単に使えるように設計されています。

Read more...

パスワードと登録メールアドレスを確認しましょう

トピック

今、これを読んでくださっているたくさんのTwitterユーザーの皆さん。皆さんはご自分のパスワードをご存知ですか? 「そんなの当たり前だよ!」って思っていただけると嬉しいのですが、実は毎日たくさんの「パスワードがわからなくなりました」というお問い合わせをいただいています。

Twitterには、ユーザーの皆さんがより簡単に利用できるように、パソコンでも携帯電話でもスマートフォンでも、1度パスワードを入力すると次回からは自動的にログインする機能があります。そのため、毎日Twitterを利用しているユーザーさんでも、もう一度ログインが必要になった時に「パスワードを忘れちゃった!」ということがしばしば起こってしまいます。

パスワードを忘れてしまったときのために、パスワードリセットという機能があります。 これはTwitterに登録されているメールアドレス宛にパスワードリセットメールを送る機能です。登録メールアドレスは、パソコン・スマートフォンからは[アカウント]の[設定]から、携帯電話からは[各種設定]の[登録メールアドレスの変更]から確認できます。

Read more...

ページ