スパム報告ツールを追加

投稿者 Twitter Japan
金曜日, 2009年10月16日

今日、スパムを撃退するための新たなツールを追加しました。これにより、ユーザーはTwitterの悪質なアカウントにフラグをたてて知らせることができます。

これまで、みなさんからわれわれに疑わしいと思うプロフィールがある、と注意を促してもらうことで、スパムを抑えるよう努めてきました。これからは、まず疑わしいアカウントのページへ行き、プロフィールが表示されているサイドバー上、もしくはユーザー名の右端のプルダウンメニューにある「スパム報告する(Report for spam)」ボタンをクリックしてください。われわれの「信頼と安全チーム」がチェックし、どのような対応が必要かを判断します。スパムとして報告されたユーザーが、自動的になんらかの措置をとられるということはありません。(言い換えれば、自分の嫌いなアカウントに対し、怒りを誘発するような使い方はできないということです。)一度プロフィールをスパム報告したら、その時点で該当ユーザーはあなたに対しフォローしたり返信したりできなくなります。一撃心中です。

このスパム撃退ツールは、新たな問題行為が浮上するたび改良していきます。そしていつも通り、われわれは「信頼と安全」を最優先にしていきます。