週末のワーム

投稿者 Twitter Japan
月曜日, 2009年4月13日

ウィキペディアより引用、ワームとは:
不正ソフトウェアの一種。自身が独立したプログラムであって、感染する宿主ファイルを必要としない点で、狭義のコンピュータウイルスとは区別されるが、ネットワークを介して他のコンピュータに入り込んで増殖する動作を繰り返し、結果としてCPUやネットワーク負荷の異常な増大などの実害を伴うため、ウイルスと同様に扱われている。

このワームはmyspace.comに感染した「samy」ワームに似ており、その時、myspaceはそのワームの作成者に対し裁判を起こし、重罪の判決が下りました。

何が起こったか?

土曜日午前2時ごろ、4つのアカウントが登録され、ワームが広がり始めました。午前7時30分から11時まで、ついったーのセキュリティーチームがワームが広がる行程を調査し対処しましたが、約90のアカウントが感染してしまいました。のちにそのアカウントの安全を確認し、復活しました。

その日の午後、第2次攻撃を受けました。この時新たに100のアカウントが感染しましたが、同じく安全を確認し復活させました。このときワームを広げる不正コードを見つけて、削除しました。

月曜日の朝に、第3次攻撃を受けました。セキュリティーチームが集まって、リアルタイムでこの攻撃に対処しました。感染してしまったアカウントはすべて復活し、不正なコードは削除されました。ワームを広げるつぶやき約1万つぶやきが削除されました。

これからどうする?

まだ詳細を調査中ですが、今現在も警戒態勢でおります。

このようなことが起こらないように、我々のパートナーに今回の詳細を報告します。

ステータスブログに書いた通り、パスワードや機密情報など流失しませんでした。

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

—Biz