進化するエコシステム

投稿者 Twitter Japan
土曜日, 2010年9月4日

4ヶ月前にChirpという Twitter開発者イベントにて、私は「Twitterがどれほど難しいもの」であるかと、どうやってそれに対処していくのか、について話しました。

私が強調した「難しさ」の重要なポイントは、電話で Twitter を使うことでした。iPhone のユーザーテストを行った結果、大量のサードパーティの Twitterアプリが存在していても、ユーザーにとってはそれらを探し、その中から1つのアプリを選択することが非常に難しいということが判明しました。なぜなら、「Twitter」と名の付いたアプリが存在しなかったからです。このことがこうした人々を Twitter から遠ざけていました。そこで、Twitter は Tweetie を買収し、Twitter for iPhone と名前を変えて、ユーザー登録機能を新たに提供しました。

モバイルアプリは、至る所に

主なモバイルプラットフォームにおいて素晴らしいクライアントを持たないことは、ひどいユーザー経験をもたらすことだとわれわれはすぐに理解しました。そこで、Twitter for BlackBerry (RIMによって開発) と Twitter for Android に対して似たようなアプローチを取りました。ちなみに、これらのアプリは今週、新しいバージョンがリリースされました。

この戦略は非常に成功したと考えています。合計のモバイルユーザーは4月中旬から62%も増加し、特筆すべきは新規ユーザーの16%がモバイルを利用していることです。Twitterブランドの最初のモバイルクライアントを出す前は、たった5%でした。4月に期待した通り、これらのクライアントは多くのユーザーを Twitter にもたらしてくれました。そして、さらに良いことはユーザーの活動を活発にしてくれたことです。実際に、アクティブユーザーのうち46%は日常的にモバイルを利用しています。

どうやって Twitter が使われているのか?

Twitter for iPhone と Twitter for BlackBerry は、とても人気のあるTwitterの利用手段になりました。これは驚くことではないでしょう。驚くべきことは、ユーザーに人気のあるその他の手段でしょう。下記のチャートは、この30日間において最も利用されたベスト10のアプリケーションです。つまり、この1ヶ月において、Twitterアカウントにログインした全てのユーザー数に対して、何パーセントのユーザーがどのサービスからログインしたかを示しています。一人のユーザーが複数のアプリケーションからログインする場合があるため、合計のパーセンテージは100%を超えます。

進化するエコシステム

データが示すように、スマートフォンクライアントが重要である一方、モバイル版TwitterサイトやSMSを使うユーザーがそれ以上にいることが分かります。これら2つのサービスは以前より継続して成長してます。
また、サードパーティのクライアントも多くのユーザーに対して重要な役割を果たしていることが分かります。例えば、TweetDeck のようなプログラムのユーザーは、最も活発で頻繁に利用するユーザーだということを強調しておくべきだと思います。そのため、これらのクライアントの特性によって、Twitter からの大量のトラフィックがこれらのツールに流れ込みます。

そして、このリストに入らなかったアプリはパーセンテージが劇的に下がるのですが、それでも物凄い数のアプリが存在し、多くのユーザーに使われています。それらはユーザーにとってメインの Twitterクライアントではないかもしれませんが、ツイートを見たり投稿する代替手段になっています。OAuth アプリケーションの登録数は、現在、ほぼ30万になります。この数字はChrip以降、3倍になりました。(この数字には、同じソフトウエアの複数のインスタンスも含まれています)

基本的な Twitterクライアントを遥かに超えて、このような様々な種類と成長をエコシステムで確認できることは素晴らしいことです。これらの新しいサービスは、ユーザーが Twitter を利用するのにとても役立っており、ユーザー数の増加と新しいビジネスチャンスを生んでいます。いずれも、エコシステムの長期的な繁栄のためには必須のものです。これらの分野において、Twitter は目覚ましい成長を遂げています。現在、1億4500万以上のユーザーが Twitter に登録しており、プロモーテッド製品は我々の予想を遥かに超える成果を上げています。しかし、まだまだ成長し改善できる余地は多くあります。次に何が出来るのかを楽しみにしています。

@Ev