世界で成長中

投稿者 ‎@twj‎
水曜日, 2010年4月14日

こんにちは、 Matt Sanfordです。Twitterの国際チームの開発リーダーです。米国以外のTwitterユーザーについて多くの時間を費やし、色々考えています。

Twitterの最初のユーザーはTwitter社の従業員とその友人が主でした。ほとんどの人間がTwitterオフィスのあるサンフランシスコに住んでいました。いまやTwitterは6つの言語に対応した強固な開発者のエコシステムを備えた、グローバルなインフォメーションネットワークとなりました。そしてTwitterユーザーは、さまざまな地域にいます。実に60%以上のTwitterアカウントが米国外のアカウントであることを誇りに思っています。皆さんが思い浮かべるような大国にも、そして皆さんが思いつきもしないような国、例えばバチカン市国のような小さな国にも、そして宇宙にもTwitterユーザーがいるのです。

世界で成長中

Twitterの成長は全ての国々で確認できます。いくつかの事例をお話しましょう。国際チームは小さいチームですが、Twitterを世界中で使いやすくする為ことに取り組んでいます。まず、2009年11月にスペイン語での使用を可能にしました。そして立ち上げ後すぐにスペイン語圏で50%のアカウント増加が確認されました。チリの地震では、最も必要なコミュニケーションツールとして人々が殺到しました。アカウントは当初の1200%にまで増え、ほぼ全てのスペイン語を母国語とする人が利用していたのに匹敵する状況になりました。コロンビアではピエダッド・コルドバ上院議員といった政治家が有権者とのコミュニケーション手段としてTwitterの活用を開始したことにより300%のアカウント増加となりました。

インドでのアカウント開設は、2010年頭には政治家のシャシ・タルールや、ボリウッドのメガースター、シャー・ルク・カーンやプリヤンカー・チョープラ、アビシェーク・バッチャンも手伝って100%の増加となっています。携帯利用者の5億5000万人の携帯利用者の多くがSMSの標準料金でツイートの投稿や受信ができるようにするために、インド最大の携帯電話事業者であるバールティー・エアテルと提携しました。また、Twitterを可能な限り多く地域と多くのユーザーに使用してもらうために、インドネシアやハイチなどの携帯電話事業者とも提携しています。

これはほんの氷山の一角に過ぎません。Twitterのリアルタイムインフォメーションネットワークは、より多様に成長すればするほど、より有益なネットワークとなり、その結果にまた驚かされることになるでしょう。私達は引き続き新しい言語でのTwitter使用を可能にし、世界各国の各社と新しいパートナーシップを結んでいきます。Twitterでのコミュニケーションをより使いやすくすることに、次に何が起こるか、私達も楽しみにしています。