2010年、Twitter トレンド Top10 #Hindsight2010

投稿者 Twitter Japan
月曜日, 2010年12月13日

2010年、Twitter トレンド Top10 #Hindsight2010

地震、政治から有名人、ハッシュタグまで、Twitter トレンドは世界中が何について語っているかを垣間見ることのできる Twitter の覗き窓となりました。今回の #Hindsight2010 では、2010年の Twitter トレンド Top10 を発表しました。

驚くべきことに、2010年に投稿された世界のツイート総数は250億ツイートでした。これらの全てのツイートを分析し、2010年の Top10 トレンドを算出し、また8つのカテゴリ別のトレンドも算出しました。各カテゴリは、ニュース、人、映画、テレビ、テクノロジー、ワールドカップ、スポーツ、ハッシュタグの8つです。Top10 にリストアップされている各トレンドは、関連する複数のトレンドを合算した形で算出されており、これは2010年に人々が最も気になった話題を正しく算出するためです。トレンドの計算方法に関する詳しい説明は、こちらをご確認ください。

【2010年、Twitter トレンド Top10】

  1. Gulf Oil Spill (メキシコ湾原油流出事故)
  2. FIFA World Cup (FIFA ワールドカップ)
  3. Inception (インセプション)
  4. Haiti Earthquake (ハイチ地震)
  5. Vuvuzela (ブブゼラ)
  6. Apple iPad (アップル社 iPad)
  7. Google Android (グーグル社 Android)
  8. Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー)
  9. Harry Potter & the Deathly Hallows (ハリー・ポッターと死の秘宝)
  10. Pulpo Paul (ドイツの予言ダコ パウル君)

これらのトレンドは、私たちの生活において最も意義深かったトレンドを指し示しています。Twitter では日々、ニュースやスポーツ、エンターテイメント、素晴らしい新技術などについて語られています。2010年のTwitter トレンド Top10は、この地球上において何が起こっていたのかを反映しており、いかなるイベントであれストーリーであれ、それを共有経験に変える力があることを実証しています。そして、「Twitter はリアルタイムの情報ネットワーク」であることを改めて認識させてくれました。

注)上記は全世界の集計であり、日本語のみの集計結果は発表していません。