Twitterで大切な人と繋がろう!-例えばこんな使い方-

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2011年9月28日

3.11の震災時、大切な人の安否確認など、電話やメールに並ぶコミュニケーションツールのひとつとして注目されたのがTwitterです。ここでは「家族」のシチュエーションに合わせたTwitterの使い方をご紹介してゆきます。

例えばこんな使い方!【Scene 1 私・両親篇】
遠くに住む両親が心配でTwitterアカウントを開設!
家族だけがフォローする緊急時専用のコミュニケーションツール

Twitterで大切な人と繋がろう!-例えばこんな使い方-

■ユーザーの声■
震災の時、電話もメールの使えず遠くに住む両親の安否確認が取れずにとても不安でした。震災後実家に帰った際、自分で家族用にTwitterアカウントを開設しました。分かりやすいユーザー名で登録して投稿方法を教えました。今では両親もTwitterを使えるようになりました。

万が一の緊急時、心配なのが家族や知人、大切な人の安否です。同時に自分の状況を伝え心配してくれる人を安心させたいですし、助けが必要であればそれを伝えようとします。Twitterは国内、海外問わず、その人が今何をしているのかをリアルタイムで共有することができ、PC、携帯などインターネットの環境があれば、外出先など場所を選ばず利用できます。また、自分の住む自治体や地元メディアのアカウントをフォローすれば、欲しい情報を手に入れることもできます。そして一番特徴的なのは、タイムラインに流れるユーザー同士の励ましなど、ひとりではない、繋がっているという安心感があると思います。

[Twitterをはじめたい!そんな時に役立つTwitterヘルプページ]
Twitter初心者の楽しみ方
よくある質問、新規ユーザー FAQ
Twitter用語集

例えばこんな使い方!【Scene 2 お母さん篇】
芸能人、有名人が好きな母は、ツイートを読むだけでも楽しめる!
気になるアカウントをフォローして、@返信やリツイートでコミュニケーションしてみよう

Twitterで大切な人と繋がろう!-例えばこんな使い方-

■ユーザーの声■
最初は何をツイートしてよいのかが分からずに困りました。フォローしないとタイムラインにも何も流れてこないので、お勧めを聞いたりしながら徐々にフォローしてゆきました。芸能人、有名人のアカウントは、その方のひととなりが分かって面白いですし、ニュースをツイートしてくれるアカウントも面白くてよくみています。

Twitterは自由なコミュニケーションツールです。有名人や芸能人、話題の情報やニュースのアカウントをフォローして、ツイートから情報を得ることができます。ユーザーのツイートを読むだけでなく、誰かのツイートを広めたいと思ったら、リツイートなどの方法で自分が引用して広めることも可能です。Twitterで何をツイートしてよいのか分からない、そんな方はまずまわりの人のツイートに注目してみましょう。

[@返信やRT、ユーザーをフォロー!そんな時に役立つTwitterヘルプページ]
フォローとは
返信と@関連の違いは?
リツイート (RT) とは ?
DM (ダイレクトメッセージ)とは?
プロフィール画像や情報の変更方法

[おすすめユーザー 興味のあるカテゴリを探してフォローしてみる]
お笑いスポーツツイッターニュースビジネス・ジャーナリスト 地震
政府・政党政治家社会貢献芸能・文化電力音楽

例えばこんな使い方!【Scene 3 兄弟 篇】
スポーツ観戦が好きな弟は、ハッシュタグでツイートをチェック!
気になるキーワードは検索で調べて、趣味や興味の話題を共有

Twitterで大切な人と繋がろう!-例えばこんな使い方-

■ユーザーの声■
サッカー日本代表の試合など、スポーツ観戦しながらハッシュタグを使っていると、まるで競技場で一緒に応援しているかのような感動をTwitter上で共有できるところがすごいなと思います。選手への応援のメッセージや過去を振り返るときにも便利です。

Twitterユーザーのツイートはハッシュタグやキーワード検索でみることができます。最近ではハッシュタグが日本語にも対応し、日本ならではの使い方でタイムラインを賑わせています。趣味や興味に合わせて、Twitterで検索すると新しいフォロワーがみつかるかも知れません。

[どうやって調べるの?そんな時に役立つTwitterヘルプページ]
Twitter 検索の検索結果に関して
検索オプションの使い方
ハッシュタグについて

[トレンド機能とは?]
Twitterのトレンド機能では、「今現在」「多くの人が」ツイートしている単語をリアルタイムで自動的に表示します。トレンドを見れば、Twitter上で話題になっているニュースや出来事を即座に把握できます。

Twitterで大切な人と繋がろう!-例えばこんな使い方-