広告主の方へ:興味を持っている方々にリーチできるインタレストターゲティングができました

投稿者 Twitter Japan
木曜日, 2012年8月30日

Twitterはスポーツ選手やアーティスト、世界各国のリーダーやニュースなど、あらゆるものとの距離を近づける役割りを持っています。Twitterをおもしろいと思う方のほとんどのTL(タイムライン)には、家族や友達の近況がわかるツイートや、憧れのサッカー選手のプライベートの顔がうかがえるツイートなど、自分が興味を覚えるツイートが多く表示されているはず。Twitterは世界中にいるユーザーの方々の持っている人やものへの興味で動いています。

そのTwitterの広告サービス「プロモアカウント」と「プロモツイート」は、ビジネス書などでインタレストグラフと呼ばれている、興味や関心のある人やものの相関図を利用し、1億4千万人のアクティブユーザーの方々にそれぞれが興味を持たれているトピックに合わせたツイートを表示します。これにより、広告主は自分のブランドや製品に興味を持ってくれているフォロワーを中心にメッセージを伝えてきました。

このメッセージの伝達をより上手に行えるよう「プロモアカウント」と「プロモツイート」に「インタレストターゲティング」という機能を追加しました。これは、選択した特定のトピックに関心を持っているユーザーにツイートを伝えることができる機能です。興味を中心にして伝える相手を考えることで、ツイートへの反応も高くなると同時に、フォロワーにこだわらず、より多くの方々にメッセージを伝えることも可能になります。

インタレストターゲティングの仕組み
インタレストターゲティングには2つの方法があります。幅広いリーチを求める場合は、教育やガーデニング、サッカーや投資など、350種類以上あるカテゴリーから選択してターゲットすることができます。例えば、犬が主人公のアニメーション映画を宣伝したいのであれば、「映画・テレビ」カテゴリから「アニメ」、「趣味・興味」カテゴリから「マンガ」、「ペット」カテゴリから「犬」を選択します。

広告主の方へ:興味を持っている方々にリーチできるインタレストターゲティングができました

25のジャンルと350以上もの小カテゴリーから選択

トピックをもっと絞ってターゲットしたい場合は、自分が宣伝したい商品やイベント、取り組みなどに関連性の高いTwitterのユーザー名(@username)を指定してカスタマイズすることができます(もちろん、指定したユーザー名のフォロワーをそのままターゲットするわけではありません)。例えば、インディーズバンドが次のツアーを宣伝したいとき、似ているタイプのバンドのユーザー名でカスタマイズすることで、自分のバンドと似ているタイプの音楽に興味を持っている方々をターゲットにすることができます。この機能を利用することで、自分のアカウントのフォロワーだけにこだわらず、伝達したいメッセージにもっとも関心があると考えられるユーザーにメッセージを送ることができます。

インタレストターゲティングのパフォーマンス
いくつかの広告主の方々にご協力いただき、このインタレストターゲティングのベータテストを行なった結果、リーチが大幅に増えました。また、他の広告主の方々には詳細なカスタマイズによるターゲティングも試していただきました。いずれの場合もすでにそのトピックに興味を持っている方々にリーチできたため、高い反応がみられています。この結果を踏まえ、今回、すべての広告主の方々にインタレストターゲティングを提供することにしました。

今回の変更に伴い、プロモアカウントとプロモツイートのオークションの最低入札単価を1円に下げました。Twitterのプロモ商品は、エンゲージメント率と入札金額によるオークション制を利用しています。プロモツイートへの反応(エンゲージメント率)が高いと、他の合の広告主が入札金額を高くしても反応が高いツイートがプロモートされます。最低入札単価の変更とインタレストターゲティングにより、広告主の方々はより効率良くメッセージを伝えることができるようになりました。

Twitterを使っている方々にとっては、自分が興味を持てるツイートかどうかが重要な点です。インタレストターゲティングによって、ツイートの発信者と受け手の双方が快適にTwitterを使えると考えています。コミュニケーションをよりパワフルにするプロモアカウントプロモツイートは日本の広告主の皆様にご利用いただけます。ぜひお試しください。