ライフライン:救助要請

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2012年8月29日

何かが起こって助けが必要な場合、まずは110や119に電話をしてください。

もし、なんらかの理由で電話がかけられないけれどもツイートすることが可能であれば、Twitterを通信手段として利用することもできます。

  • できるだけ具体的に状況を説明してください。(例:救助をお願いします。下のフロアの火災で15人が部屋に取り残されています。火は来ていませんが、煙がすごいです。千代田区◯ー◯ー◯にあるXXビルの△階です。)
  • 余裕がある場合は、ツイートに #救助 をつけてください。
  • 救助要請ツイートを見たユーザーは、できればTwitterで被災者と連絡をとって状況確認する等し、代理で電話、メールで救助要請してください。また、[公式リツイート]して周りにも知らせてみてください (それにより近隣の人が気付いたら救助または代理ですることも想定できます。) 
  • 救助が完了したら、救助要請者は元のツイートを削除してください。また、可能であれば、救助された旨ツイートしてください。