TwitterがApache Software Foundationの公式スポンサーになりました

投稿者 Twitter Japan
月曜日, 2012年4月23日

オープンソースはTwitterに深く根付いています。Twitterの多くのプロジェクトがオープンソーステクノロジーを活用しており、会社の成長とともにオープンソースとの関係も増えています。そんな背景の中、TwitterはApache Software Foundation(ASF)のオフィシャルスポンサーになります。ASFは非営利のボランティアベースで運営されているオープンソース財団です。

ASFは、様々なオープンソースソフトウェアプロジェクトを法務面や資金面で組織的に支援しています。そしてTwitterはASFの数多くのプロジェクトに貢献し、また、活用もしています。その1つの例が近々公式にリリースされる予定の、ASF Incubatorが温めているMesosプロジェクトです。Twitterでは何百ものプロダクションマシンで解析用のジョブ実行をクラスタ化するために、このMesosを利用しています。

ASFのスポンサーとなることはTwitterのためだけでなく、ASFのインフラストラクチャーが支援している既存のプロジェクトを長続きさせる助けにもなります。
Twitterは、Mesosプロジェクトだけでなく、これまでもCassandra、Hadoop、Mahout、PigなどApacheの様々なプロジェクトに貢献してきました。Twitterが成長するに従い、ASFやその他のオープンソース組織の成長により貢献していきたいと思います。

Twitter オープンソースオフィス Chris Aniszczyk (@cra) より