日本市場向けの「Twitter公認製品プログラム」を始めました

投稿者 ‎@TwitterJP‎
木曜日, 2013年5月30日

リアルタイムの情報が集まるTwitterのデータを元に、どのような情報が発信されているかを分析し、今世の中で何が起きているのかを真っ先に知りたい、消費者の生の声が聞きたいという企業は、今後ますます増えていくと予測されています。

このような課題に応える製品を見つけやすくするために、 Twitterは昨年の夏に「Twitter公認製品プログラム」をスタートしましたが、日本でもこのプログラムをスタートすることになりました。日本向けの「Twitter公認製品プログラム」ではTwitterのエコシステムパートナーの中から、日本の各業界ニーズに応え、ビジネスの課題解決にベストなソリューションとして特に優れているものを認定させていただきます。

めまぐるしく変化するビジネス需要に合った製品がどんどん世の中に進出し、Twitterのエコシステムパートナーの製品群は多様化していくことと思われます。今後も進化を続ける幅広い領域の優れた製品を認定していくため昨年の発表時に3つにわかれていた「エンゲージメント」「分析」「データ再販」の製品カテゴリのうち、「エンゲージメント」と「分析」を「認定プロダクト」として統一させていただくこととなりました。世界共通で「Twitter公認製品プログラム」のカテゴリは下記2つとなります。

  • 認定プロダクト:Twitter上での企業のさらなる発展を支援するプロダクト。
  • データ再販:大規模なツイートデータを提供するプラットフォーム。

認定プロダクト データ再販
認定プロダクト データ再販

日本市場向けの公認製品として下記5社のパートナーと共に
「Twitter公認製品プログラム」を開始します。


認定プロダクト
BuzzFinder(NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社)
Engage Manager(株式会社トライバルメディアハウス)
SocialEngage(NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社)
TRUE TELLER ソーシャルデスク(株式会社野村総合研究所)

データ再販
NTTデータ(株式会社NTTデータ)

日本向けのプログラムの開始と同時にヨーロッパとラテンアメリカ地域の製品も新たに公認プロダクトとして加わり、グローバル市場における企業、ブランド、メディアのさらなる発展を世界中のTwitterで支援させていただくスタート地点となりました。

プログラムメンバーがTwitterのAPIやデータをフルに活用し、企業のさらなる発展を支援する製品やサービスを提供できるよう継続的にサポートさせていただきます。Twitterは今後もパートナーの拡大に努めていきたいと考えています。このプログラムの詳細については、「Twitter公認製品プログラム」をご参照下さい。