Twitterデータで振り返るアカデミー賞授賞式

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2014年3月5日

第86回アカデミー賞授賞式の客席で撮影されたハリウッドスターの記念写真。「みんなで写真を撮ってツイートして、リツイート記録を作ろう」という、授賞式の司会者のエレン・デジェネレスの呼びかけに、メリル・ストリープ、ジェニファー・ローレンス、ジュリア・ロバーツ、ケビン・スペイシー、ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーなど豪華な顔ぶれが勢揃い。写真中央に映っている俳優のブラッドリー・クーパーが自分撮り(セルフィー)風にスマートフォンで撮影しました。

エレン・デジェネレス @TheEllenShow が投稿したこのツイートは、すでに300万回以上リツイートされ、Twitter史上最もリツイートされたツイートとなりました(これまでの最高はオバマ米大統領による大統領選の勝利宣言ツイート)。

まずはアカデミー賞全体の盛り上がりを振り返ってみましょう。

全世界でのアカデミー賞に関するツイート(米国東部時間の3月2日午後5時から3月3日午前5時まで集計)

ツイートを投稿した人:500万人
ツイート数:1,910万ツイート
ツイートを見た人:3,700万人以上(今年の授賞式の視聴者数4,300万人)
ツイートが表示された回数:33億回

このうち授賞式の放送中に投稿されたエレンのツイートは3月5日午前5時(米国東部時間)までに240万回以上リツイートされ、5日午前の時点で300万ツイートを超えています。さらに世界中のメディアがエレンのツイートをオンライン記事に埋め込む形で紹介、多くの人の目に触れました。

Twitterデータで振り返るアカデミー賞授賞式

エレンのツイートを見た人(Twitter.com、Twitterのモバイル、デスクトップアプリ):810万人
エレンのツイートの表示回数(Twitter.com、Twitterのモバイル、デスクトップアプリ):2,600万回
エレンのツイートを埋め込んだウェブサイトの数:13,711件
エレンのツイートの表示回数(ウェブサイト経由):680万回

以上の数字を合計すると、エレンによるツイートの合計表示回数は3,280万回ということになります。

今回のアカデミー賞授賞式の盛り上がりはTwitterとTV、特に生中継イベントとの相性の良さを改めて証明してくれました。日本でもよりたくさんの方に、Twitterを通じて世界中の人たちと一緒に番組や生中継を観る楽しさを知っていただけますように。

注)Oscars® はthe Academy of Motion Picture Arts and Sciences Corporationの登録商標です。