Twitterで写真を共有するときのより良い方法とは

投稿者 ‎@TwitterMediaJP‎
金曜日, 2014年4月4日

昔から「一枚の写真は多くを語る」と言われていますが、Twitterでも写真を使うことで140文字でより多くのメッセージを込めることができます。

Twitterの認証アカウントツイートを調べると、写真がついたツイートは全体平均より35%リツイート数が増加するという結果が出ました。つまり、写真をつけることでTwitterでより多くの拡散を生み出すことができます。今回は新しくなった写真共有機能と写真を共有する際のコツをご紹介いたします。

このたび、写真共有機能に、1つのツイートに複数の写真を添付し、写真に写っている人にタグを付けるという、2つの機能を追加いたしました。

複数の写真を1つのツイートに
複数の写真を1つのツイートに添付することができ、フォロワーに大きな写真を見せることができます。最大4つの写真を添付でき、フォロワーのタイムラインにコラージュされたプレビュー画像が表示され、各々の画像をクリックすると拡大して表示されます。この複数の写真はツイートがリツイートされても、他のサイトに埋め込まれても表示されます。

フォトタグ
ツイートした写真(または添付した複数の写真)に写っている人たちにタグをつけることもできるようになりました。タグは140文字の中に含まれませんので、ツイートに集中することができます。最大10人までがタグ付けでき、@ユーザー名ではなく名前が写真と一緒に表示されます。あなたのTwitterアカウントが公開されている場合、誰でもあなたをタグをつけることができますが、タグをつけられたくない場合、アカウント設定からあなたがフォローしているアカウントのみがあなたをタグ付けすることができるか、誰にもタグ付けを許可しないかを選択することができます。

Twitterで写真を共有するときのより良い方法とは

フィルタ
フォトフィルタ機能を使って写真をより魅力的に仕上げましょう。iOSやAndroidのモバイルアプリから写真をアップロードするときは、写真をタップすると編集オプションが表示され、バランス調整やトリミング機能の他に8つのフィルタを使って写真に独特の雰囲気を加えることができます。

Twitterで写真を共有するときのより良い方法とは

プレビュー表示
Twitterから写真をアップした場合、写真はフォロワーのタイムラインに表示され、何を共有しようとしているのかがパッと見て分かります。画像をクリックやタップをすると、写真がアプリ内で拡大表示され、簡単にリツイートやお気に入りやコメントをツイートすることができます。このイメージもまたウェブサイトにツイートを埋め込んだときにも表示されます。

//

イメージギャラリー
Twitterで共有した写真とVineの動画はすべてプロフィール画面のイメージギャラリーでご覧いただけます。例えば、@TwitterData のギャラリーにアクセスすると最近共有した画像の一覧が表示されます。

Twitterで写真を共有するときのより良い方法とは

これらの機能をつかえば、写真をよりソーシャルに、より美しく、より反応を生み出すことができ、フォロワーのみなさんとより強いつながり築くのに役立ちます。

ぜひご活用ください。