Twitter x スポーツ 事例 : 日本シリーズの勝利の瞬間をTwitterで伝える

投稿者 TwitterSportsJP
金曜日, 2014年11月14日

2014年のプロ野球 #日本シリーズ は、福岡ソフトバンクホークス (@HAWKS_official) の3年ぶり6回目の優勝で幕を閉じました。シリーズの初戦 (2014年10月25日) から優勝が決まった第5戦 (2014年10月30日) までの間に、 #日本シリーズ に関して340万回もツイートされており、いかにファンの注目が高かったかがうかがえます。



今回は優勝した福岡ソフトバンクホークスが、ファンと感動を共有するために、どのようにTwitterを活用しているかご紹介します。

福岡ソフトバンクホークスは、試合前後はもちろんのこと試合中もライブツイートを行なうことで、重要なコンテンツをできるだけ新鮮なタイミングで多くのファンに広げることにチャレンジしています。試合を観戦しているファンと野球を楽しむだけではなく、試合を観戦できないファンにとっても共感を得ることのできるコンテンツを発信し、まるで福岡ソフトバンクホークスチーム自身がテレビ番組を中継しているような内容を担当者の心情とともに発信しています。

また、その現場にいる方にしか見ることができない貴重なシーンを、Vineを利用し臨場感のあるコンテンツとしてファンに伝えています。ほぼリアルタイムにツイートされるこれらのコンテンツは、ファンにとって大きな価値があります。いかに早く感動を共有するかを意識した運用をされています。試合直前に円陣を組む様子、ハイタッチ、そして #日本シリーズ 優勝後のビール掛けなどをVineで公開しました。



シリーズ初戦から第5戦終了後までの6日間では、福岡ソフトバンクホークスが普段利用しているハッシュタグ #sbhawks@HAWKS_official が含まれるツイートは合計で約30万回ツイートされました。また期間中どのようなツイートが反応され共有されたのかを、ツイート単位で分析することができるツイートアクティビティダッシュボードによると、クライマックスシリーズから日本シリーズに優勝した10月15日から10月30日の間に福岡ソフトバンクホークスから発信されたツイートが生み出したインプレッション(Twitterでツイートが見られた回数)は約6740万回に達しました。
Twitter x スポーツ 事例 : 日本シリーズの勝利の瞬間をTwitterで伝える

※インプレッション数は https://analytics.twitter.com のツイートアクティビティ内でご確認いただけます
※ダッシュボードの画像は @HAWKS_official の許可を得て利用しています。

ツイートアクティビティダッシュボードを使えば、自社に関するツイート数を分析するだけでなく、いつどのようにして反応されたのか、どのくらい拡散したのかなど、多角的に分析することができます。勝利の瞬間など速報性が高いツイートや、放送終了後の裏舞台でのツイートなど、Twitterでしか見られないなどファンに喜ばれるツイートをすることで「ファンコミュニティの盛り上げ」を促進することができます。

プロ野球だけでなく他の競技団体やチームの方々も、より新鮮なスポーツに関する情報をファンに届けることで新しい形のファンサービスを提供してみてはいかがでしょうか?