Twitter x 政治 事例 : Vineを利用してメッセージを伝えましょう

投稿者 ‎@TwitterGovJP‎
金曜日, 2014年5月9日

最長6秒の短いループビデオ「Vine」はスマートフォンで手軽に撮影し共有できることから、企業やアーティストにまで幅広く利用が広がってきています。今や政治の場面でもVineが徐々に広がりつつあります。

Vineをうまく利用することで、有権者の方々に語りかけるような効果を生み出すことが可能です。議員活動だけでなく公務外の日常を映し出すことで、より親近感を持っていただけるかもしれません。それが人々にどのように受け取られたか、反応をすぐに知ることもできます。

海外では、様々な政治の場面でVineが活用されています。例えば、こちらは法案への署名シーンをVineで撮った、ジョン・ベイナー米国下院議長のツイートです。即座にツイートすることで、政治の現場を人々と共有することができます。

キャメロン英首相は、自身の主張する政策を分かりやすく伝えるためにVineを活用されています。

日本でも政治に関連した場面で利用されることが増えてきました。安倍内閣では、山本一太内閣府特命担当大臣が積極的にVineを活用されており、安倍首相も登場されています。

民主党も党大会でVineを利用され、会場の臨場感を伝えられました。

Vineは、ツイートを通して政策や人柄、個性を有権者の方々に簡単に伝えることができる便利なツールです。政治の場面でぜひご活用ください。