サッカー女子W杯を振り返って #FIFAWWC

投稿者 TwitterSportsJP
火曜日, 2015年7月7日

1ヶ月にも渡るサッカー女子W杯が #USA の優勝で幕を下ろしました。世界中のサッカーファンの皆さんがTwitterを介して #FIFAWWC の白熱したゲーム、ピッチ外でのチームや選手の動向を楽しまれました。決勝戦のあと、#USA チームの歓喜の様子のツイートも、選手を始め、媒体や多くの方々からTwitterに集まりました。今大会、Twitter上でどのようなことが起こっていたのかを振り返ってみましょう。
(注:画像の日付は現地時間になっています。)

#FIFAWWC に関連するツイートは、全世界で90億回閲覧

#USA のGKであるホープ・ソロ選手の信じられないようなスーパーセーブや、得点王を獲得した #GER のセリア・サシッチ選手のリプレイ、リポーターからの試合分析、たくさんのTwitter絵文字を利用したツイートなどがTwitter上で行われました。

W杯開催期間(6/7から7/6までの1ヶ月間)のツイートのインプレッションは90億に達しました。

サッカー女子W杯を振り返って #FIFAWWC

もっとも盛り上がった試合は決勝戦でした

大会でもっとも大事な試合である決勝戦は、Twitter上でももっとも盛り上がった試合となりました。#USA チームの猛攻により、前半の早い段階で4-0というスコアになったことも、この決勝戦の会話をTwitter上で盛り上げた背景にあるようです。

他のいくつかの #USA の試合でも、盛り上がりが見られました。優勝に向けた全ての試合で、ファンの方々からの多くのツイートが行われています。劇的なオウンゴールで試合が終了した #JPN#ENG の試合や、PK戦で決着がついた #FRA#GER の試合なども、Twitter上で非常に多くの会話を生みました。



サッカー女子W杯を振り返って #FIFAWWC

もっとも会話された選手は #USA のカーライ・ロイド(@CarliLloyd

大会を通じてもっとも会話された選手は、#JPN#USA の決勝戦の最初16分間でハットトリックを達成した #USA のカーライ・ロイド選手でした。また、ロイド選手以外のチームメイトのプレーも観客の熱気を生み出し、話題になったトップ6の選手全員が#USA チームのメンバーでした。

サッカー女子W杯を振り返って #FIFAWWC

もっとも盛り上がったモーメントは #USA勝利の瞬間

サッカー女子W杯における #USA の勝利の歓声はBCプレイスからTwitterを通して世界中に広がりました。大会を通して分あたりのツイート数が最高値を示した瞬間は試合終了のホイッスルが鳴った瞬間でした。

またその他のTPM(分間ツイート数)のトップ6にも、今回大会MVPに輝いたロイド選手が大きく影響を与えています。

サッカー女子W杯を振り返って #FIFAWWC

もっともツイートされたチーム: #USA and #JPN


フィールドの上同様、#USA が1位、#JPN が2位を獲得しました。 しかし、Twitter上では#GER が #ENG を抑えて3位を獲得。#AUS#FRA も健闘しました。



サッカー女子W杯を振り返って #FIFAWWC

選手の皆さん、お疲れ様でした!