スマホで簡単、ビジネス向けの動画制作入門

投稿者 Twitter マーケティング
金曜日, 2016年6月17日

このブログを読んでいる皆さんの中にも、突然、上司や同僚の方々に「動画が流行っているんでしょ?ちょっと作ってみてよ」と言われた方がいらっしゃると思います。最近では、企業の動画広告やプロモーションはもちろん、一般の方々がスマートフォンで撮影した、おもしろくて魅力的な動画ツイートをよく見かけます。しかし、ビジネス向けの動画を制作するのは「お金がかかるし、ノウハウがないので難しい」と思っていらっしゃる方々も多いでしょう。今回、スマホとその他の機材(そして、少しだけの勇気)を使うだけで、ある程度の内容と品質の動画を制作できるコツをご紹介します。

スマホ動画制作の素人が挑戦

スマホで簡単、ビジネス向けの動画制作入門

コツといっても、とても簡単です。一般的なビジネスシーンで使われるプレゼンテーションの流れをシンプルなストーリーにしてみました。例えば、自己紹介、アジェンダで流れを説明、一番言いたいコアメッセージ、最後に補足説明と挨拶という感じです。

シンプルなストーリー:
  1. 自己紹介:まず、動画を見ようとしていただいた視聴者の気持ちに応えるために、明るい笑顔や身振り手振りで挨拶しましょう。次に30秒ほどで、名前と仕事は何をしているのか簡単に説明してみてください。
  2. アジェンダ:注目して欲しいポイントや見逃すと損することをあらかじめ印象づけましょう。そうすることで、視聴者が集中力を維持できるようになります。
  3. コアメッセージ:文字数の少ないメッセージや数字を使い視聴者の記憶に残りやすくしましょう。一般のプレゼンテーションソフトではアニメーション機能があり、これを使ってコアメッセージのアニメーションを制作し、撮影した動画と組み合わせる方法もあります。
  4. 補足と挨拶:今後の動画の予定など補足説明をしつつ、最後まで見てくれた視聴者に対する感謝の挨拶をしましょう。

今回の撮影は社内で行いました。社内の蛍光灯や雑音などを考慮し、できるだけお金をかけずに動画の画質と音声のクオリティを上げるためにスマホを挟むパーツ、スマホ用のカメラレンズ、LEDライトやマイクを購入しました。凝り始めると高価な機材が欲しくなりますが、まずはできるだけ安価な機材を利用して動画制作に慣れていってはいかがでしょう。

スマホで簡単、ビジネス向けの動画制作入門

スマホで動画制作するメリット

ここで、「わざわざスマホを使った動画制作のメリット」をご紹介しましょう。機動性が高く、いつでもどこでも持ち運びがしやすいことはスマホの強みです。またスマホを使うことで、編集やファイル変換などの手間をかけることなく、撮影したものをすぐにツイートすることもできます。これは、さまざまなビジネスシーンで柔軟に利活用できることを意味します。特に迅速な対応を必要とする場合や時間が限られる場合にとても有効です。

例えば:
  • 展示会に出展した企業が展示内容のまとめや次に予定されているデモを告知
  • 入荷したばかりのファッション小物を実際に店員が身につけて様々なポージングを紹介
  • 雨の日の飲食店の集客向けにお薦め料理や店の雰囲気、料理長からの一言を短く動画にして訴求

このようにアイディアや工夫次第で、スマホ動画制作の可能性は広がります。 また、Twitterでは撮影した動画をツイートできるだけでなく、今起こっているできごとをそのままライブ配信するPeriscopeをタイムラインにツイートすることもできます。製品発表会、各種イベントやレポートをライブ配信できるので個人、企業を問わずライブ性の高いコミュニケーションをとりたいときなどにも便利です。

最後に、今回のプロジェクトで制作した動画はこちらです。皆さんからの動画ツイートを楽しみにしています。