Twitterからライブ中継してみましょう

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2016年9月7日

秋が始まりつつありますね。紅葉、行楽、学祭、ハロウィンなどなど、これからの季節、その場にいない方々にもおすそわけしたい瞬間がたくさんありそうです。写真や動画をツイートするのと同じ方法で、Twitterからライブ中継ツイートも試してみてはいかがでしょう?

TwitterにPeriscope ( @periscopeco ) という中継アプリがあることをご存じの方もいらっしゃると思います。数ヶ月前からは、このPeriscopeがTwitterに組み込まれていることにはお気づきですか?

使い方は簡単です。Twitterのアプリでツイート作成アイコンをタップすると、画像、動画の添付機能とともにPeriscopeのライブ機能も表示されます。この機能をタップするだけで、自動的にPeriscopeが立ち上がりすぐに中継を行うことができます。

 

Twitterからライブ中継してみましょう

Twitterからライブ中継してみましょう

中継ができる画面が立ち上がったら、画面上部に薄く見える「ライブ放送のタイトル」部分に中継するものの説明を入れるとそれがツイートのテキストになります。画面下部の「ライブ放送をはじめる」をクリックして中継を始めると同時に、フォロワーの方々にタイトル部分に入力したテキストを入れたツイートが送信されます。

一方、このツイートがタイムラインに流れてきた方も、通常の動画付きツイート同様、タイムライン上でそのままライブ動画を見たり、そのツイートをリツイートすることもできます。コメントを返したい場合は画面に表示されるリンクをクリックすることでPeriscopeが立ち上がるので

他の方々を撮影される場合は、中継されても大丈夫かどうかを確認してからにしてくださいね。簡単に使えるので、いろいろな機会にぜひお試しください。