タイムラインの埋め込みがより便利になりました

投稿者 ‎@TwitterMediaJP‎
金曜日, 2016年3月4日

ツイートを埋め込む際に画像や動画をグリッドで表示するようにしました。埋め込みツイートのフォーマットを改善し、リッチメディアを使ったストーリーが見せやすくなり、写真や動画、GIFアニメーションなどを直接楽しめるようになりました。これにより、Twitter外のサイトでツイートを閲覧している方々によりお楽しみいただけるようになりました。

タイムラインの埋め込みがより便利になりました

この改善は皆さまのフィードバックやご意見をもとに行われ、ウェブサイトに自然に溶け込むよりクリーンでモダンなインターフェイスにするとともに、画面サイズを問わずに利用いただけるレスポンシブデザインを採用しました。また、写真や動画、投票、Twitterカードなどを開いた状態で表示することでウェブサイトを訪れる方々に楽しんでいただけ、各ツイートに共有ボタンを設置することで、埋め込まれたツイートの共有も簡単に行えるようにしました。

この新しい埋め込みフォーマットは、3月3日以降にご利用いただけるようになります。またすでにご利用中のタイムラインの埋め込みにも適用されますが、表示サイズやカスタマイズした設定はそのまま引き継がれます。表示に問題がある場合は、開発者フォーラムからお知らせいただくか、 @TwitterDev 宛にツイートしてください。

皆様のフィードバックをお待ちしております。