昨日のDNS障害についての追加情報

投稿者 ‎@twj‎
金曜日, 2009年12月18日

 DNS(ドメイン・ネーム・システム)は、IPアドレスをドメイン名に変換するために使うインターネットプロトコルです。この仕組みによって数字の羅列を打ち込まなくてもwww.twitter.comのようにURLをブラウザに入力するだけで、見たいWebサイトにアクセスできるのです。昨日、TwitterのWebサイトのDNS設定がハイジャックされました。米国時間の12月17日21:46-23:00(日本時間の12月18日14:46-16:00)にTwitter.comへのトラフィックの約80%が、他のWebサイトにリダイレクトされました。この障害については、ツイートブログステータスページで逐次報告してきました。

 この攻撃の間、われわれはDNSプロバイダのDynectと直接連絡を取り続けました。そしてDNSをできるだけ素早くリセットするよう緊密に作業しました。この攻撃の目的は、われわれのサイトの見た目を変えることであり、ユーザーを標的にしたものではないと見られます。このため、アカウントが侵害された事実はないと確信しています。もしあなたのアカウントが何らかの形で影響を受けたと見られる場合は、accountsafeアットマークtwitter.comまで連絡してください。-Biz