Twitterがハリウッドへ進出?

投稿者 Twitter Japan
火曜日, 2009年5月26日

最近ウェブは「Twitterテレビショー」の話題で持ちきりです。みなさんから、「自分たちもオーディションできるのか?」という問い合わせをいただいたりもします。テレビ業界では、興味深い発展が本当に沢山起こっています。MTV、G4、CNN、E!、そして様々な民間の制作会社がおもしろくて新しいプロジェクトとしてTwitterを活用しています。われわれですらまだ知らない例もあるでしょう。

公式のTwitter番組はあるのか?

公式のTwitterテレビショーはあったらおもしろいとは思うのですが、実際にはありません。ネットワークや制作会社と付き合っていく中で、われわれは時々簡単な契約を結びます。本日報道されたReveille社(テレビ制作会社)とBrillstein社(大手のアーティストマネジメント企業)との共同プロジェクトに関してですが、われわれは彼らがもっと自由に前進できるよう、重すぎず、包括的な契約をプロデューサーと交わしました。

われわれの開放性は広範囲に及びます

Twitterはとてもオープンです。その結果、何千ものアプリケーション、ウェブサイトや携帯のインターフェースが開発者によって作られました。これらの様々なアプローチが、Twitterに多様性や付加価値をもたらし、一般に、エコシステムをよりおもしろくします。しかし、Twitterの開放性はウェブや携帯電話のみに制限されてはいません。

2008年の米国大統領選挙の期間中、「Hack The Debate」はTwitterがいかにテレビを視聴者との双方向的なものにし、メディアに民主主義的な影響をもたらしたかを示しています。Twitterのパワーは、新しく、抗しがたい、魅力あるプログラムに生かされました。CNNはTwitterの初期の革新者でもあったのです。われわれの開放性が、全てを可能にするのです。

Twitterの開かれたアプローチは、テレビを変えていく力があるでしょう。この卓越したコミュニケーションが世界中に広がるのです。われわれは、これらの試みがどこまでいくのか楽しみです。