おすすめの有効性

投稿者 ‎@twj‎
金曜日, 2010年1月22日

 こんにちは。Twitter社のプロダクトチームにいるJoshです。私の任務の一つは、興味のある話題を見つけやすくすることで新規ユーザーを増やすことです。Twitterの世界で興味深いアカウントを見つけやすくするために、今日、Webサイトに大がかかりな変更を行いました。

新しくTwitterを始めたユーザーにとってこれまで二つの壁がありました。関心を引くアカウントを見つけてフォローすることと、Twitterをすでに利用している友だちや同僚を探し出すことです。これまでの経験で私たちは、フォローすべきアカウントをおすすめすることで、継続的にTwitterを使ってくれるユーザーが増えることを学びました。今回の新しいデザインでは、いくつかの段階に分けることによって、フォローするアカウントを見つけてもらうプロセスをより良いものにしました。ユーザーが新規登録し、興味のある分野を選ぶと、その分野に関連したおすすめユーザーを確認でき、その場でフォロー可能です。次のステップに進むと、Twitterを使っている友だちや同僚を探せます。最後のステップでは、そのほかのユーザーを探すことができます。

おすすめの有効性

始めたばかりのユーザーにとって、おすすめユーザーの仕組みはとても有効です。でも大切なのはそのユーザーにとって本当に有意義なアカウントをおすすめすることだと考えています。私たちは、さまざまな分野ごとに活発にツイートしユーザーの支持を集めているアカウントを見つけるためにいくつものアルゴリズムを考えました。こうしたアルゴリズムによって、アクティブなユーザーを分野ごとにまとめることが可能になりました。 これまでは、おすすめユーザーのリストから20人をランダムに選んで表示していましたが、今後はそれぞれのユーザーが自分が興味のある分野からおすすめユーザーを選べるようになったわけです。このリストはアルゴリズムに基づいて頻繁に更新します。新規ユーザーからあまりフォローされないアカウントは削除していきます。これ以外に、「スタッフによるピックアップ」という分野を用意しました。このリストにはTwitterの中の人が選んだお気に入りのアカウントを載せます。また、ハイチの災害を支援するために、「スタッフが選んだハイチ関連情報」というカテゴリも用意し、ニュースや現地の様子を把握できるようにしました。

私たちは今回の変更にとてもエキサイトしています。そして、ユーザーの皆さんがTwitterで良質なコンテンツを見つけやすくするために、これからも改善を図っていきます。

日本語版ユーザーの皆さんへ
日本語のおすすめユーザーについても今後積極的に拡充を図り、英語のおすすめユーザーと同様にカテゴリーごとの分類を行っていく予定です。なお新しいおすすめユーザー機能は、ログイン後のホームページの上にある「友だちを検索」からでも確認できます。