ハイチの復興に向けて

投稿者 Twitter Japan
木曜日, 2010年1月14日

現地時間の1月12日にハイチで発生した、マグニチュード7の強い地震後、首都ポルトープランスでは国際的な救援活動が行なわれています。これに関して、現在Twitter本社の様子は重々しく、「流行のトピック」からも大多数のユーザーが同じように感じていることが伝わってきます。

すぐにできる方法で貢献するには
私たちの中には、どのように復興活動に参加すればいいのか悩む方も多いと思います。救援のためのシンプルかつ効果的な方法が設けられています。

・アメリカ在住の方であれば誰でも、米国の赤十字社を通じて、「90999」まで「HAITI」とテキストメッセージを送ることで$10を復興活動に寄付できます。
ミュージシャンのWyclef Jean(ワイクリフ・ジョン。ハイチ移民のNY育ち)のハイチ向け組織Yeleも、テキストメッセージによる寄付を受け付けています。「501501」まで「Yele」をテキストメッセージで送信するかまたは、Webサイトへアクセスし、手続きをすることで$5を寄付が可能です。
・Oxfam Internationalも、地震に対応するための基金を設けました。Webサイトにアクセスし、この基金に寄付できます。

日本の方向けに
・日本赤十字社では、郵便振込みによる救済金の受付を行なっています。詳細はWebサイトをご覧ください。
・WFP国連世界食糧計画でも緊急食糧支援を開始しています。郵便振込みまたはインターネット、携帯電話からの寄付を受け付けています。Webサイトはこちら

以下をフォローすることで現在進行中の復興活動を確認できます。(全て英語)@redcross、@wyclef、@oxfam。また、こちらも英語のみの紹介ですが The Huffington PostCNNThe New York Timesはハイチに関連する出来事を追うため、特別なリストを用意しています。-Biz