#日本語ハッシュタグ

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2011年7月13日

本日から、ハッシュタグに日本語が使えるようになりました。今日は日本語ハッシュタグの使い方や注意点などについてご紹介させていただきたいと思います。

ハッシュタグとは、ツイートを投稿する際にツイートの中に# (ハッシュマーク) で始まる単語を付加することによって、同じ話題のツイートを他のユーザーから見つけやすくするという機能です。例えば、次のようなハッシュタグが日本では使われています。

#jishin 地震に関するツイートに付加するハッシュタグ
#setsuden 節電に関するツイートに付加するハッシュタグ
#coolbiz クールビズに関するツイートに付加するハッシュタグ

ハッシュタグをキーワードとしてツイートを検索すると、そのハッシュタグのついたツイートの一覧が検索結果として表示されます。このように、ハッシュタグを付けると同じ話題に関するツイートを発見しやすくなります。

これまではハッシュタグにはアルファベットと数字しか使用することができませんでしたが、本日からハッシュタグにひらがな、カタカナ、漢字、ハングルおよびキリル文字 (ロシア語で用いられるアルファベット) を使用することが可能になりました。これにより、上記のハッシュタグの代わりに次のような日本語のハッシュタグが使用できるようになります。

#jishin#地震
#setsuden#節電
#coolbiz#クールビズ

どうですか? 日本語ハッシュタグを使うと、ツイートの意味がより一目で分かりやすくなることと思います。
あなたのツイートをよりたくさんのユーザーに届きやすくするために、ぜひ日本語ハッシュタグをご活用ください。英語でのハッシュタグも引き続き、ご利用いただけます。

最後に、日本語ハッシュタグを利用する際の注意するべき点をいくつかご紹介したいと思います。

<ハッシュタグの前後には空白または句読点を>
ハッシュタグの前後には、空白または句読点を入れるようにしてください。例えば、次の例ですと、例1と例2では「#日本語ハッシュタグ」の前後に空白または句読点があるのでハッシュタグとして認識されますが、例3や例4は空白および句読点がないのでハッシュタグとして認識されない (例3) か、または余分なところまでハッシュタグとして認識されてしまいます (例4)。

例1: これは #日本語ハッシュタグ になります。
例2: これもOK。#日本語ハッシュタグ
例3: これは#日本語ハッシュタグにはなりません。
例4: #日本語ハッシュタグのあとに空白や句読点がないと全てハッシュタグになります

<半角、全角のどちらでも>
カタカナや英数字は、半角と全角のどちらを使用しても大丈夫です。例えば、以下の例ではどちらも「#ハッシュタグ123」として認識されます。
例1: 半角のハッシュタグの例。 #ハッシュタグ123
例2: 全角のハッシュタグの例。 #ハッシュタグ123

また、スペースやハッシュマーク (# )に関しても同様に半角でも全角でもどちらでも認識します。なので、下記の例3と例4では同じハッシュタグとして扱われます。
例3: これは #日本語ハッシュタグ になります。(全角スペースと全角ハッシュマーク)
例4: これは #日本語ハッシュタグ になります。(半角スペースと半角ハッシュマーク)

<記号や絵文字は使用できません>
☆や♪のような記号や、携帯で使われている絵文字は、ハッシュタグの中では使用できません。ですので、例えば「#らき☆すた」や「#まどか☆マギカ」などはハッシュタグとして認識されないので、ご注意ください。