ミッション: アプリ認証でのアクセス権

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2011年5月18日

Twitter エコシステムには、数多くのサードパーティによるアプリケーションが登録されており、それらは Twitter 経験を強化するために設計されています。サードパーティアプリでは、ツイートを他のネットワークでも自動的に共有したり、ゲームプラットフォーム上で他のプレイヤーと連携したり、ブログ更新情報を瞬時にツイートしたりできます。
全てのサードパーティアプリは、あなたの Twitter アカウントへのアクセスをアプリに許可する、というユーザー自身によるアプリへの認証プロセスを経て実現します。この認証プロセスにおいて、より明示的な選択肢をユーザーに提供するための重要なアップデートを本日、アナウンスします。

アプリへのアクセス権コントロール
本日より、ユーザーがアプリに付与するアクセス権限をよりコントロールできるようになります。ダイレクトメッセージへのアクセス権を必要とするアプリは、既に認証済みであったとしても、再度、ユーザーに認証を要求することになります。ダイレクトメッセージへのアクセス権を必要としないアプリは、今月末までにその権限を持たなくなりますが、ユーザーは今まで通りにそのアプリを利用し続けることができます。

より詳細な認証ページ
最初にアプリケーションを Twitter に連携させる際、あなたの Twitter アカウントへのアクセスについてあなたがアプリに許可しようとしている認証情報の詳細について表示します。例えば、あなたのツイートの読み込み、あなたがフォローしているユーザー情報の閲覧、プロフィール情報の更新、あなたになり代わってのツイート投稿、ダイレクトメッセージへのアクセスなどです。アプリが要望するアクセスレベルについてあなたが納得できない場合は、アプリケーション認証ページにて「いいえ、結構です」をクリックして認証を拒否してください。
ミッション: アプリ認証でのアクセス権
過去数ヶ月に渡ってこの変更に対して準備を行ってきました。これは、アプリ認証時のより高いレベルでの情報の明確化とコントロール性を求めるユーザーと開発者からの要望に応える形で実現しました。あなたが過去に認証を許可したアプリ一覧や、アプリの認証へ変更を加えたい場合は、Twitter にログインした上でアプリ連携にて確認できます。