スーパーボウル #superbowl

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2011年2月9日

2011年2月6日、米国ではスーパーボウルが開催され、1億6,290万人もの人が閲覧し、史上最も多くの視聴者を獲得した番組となりました。

このビッグイベントでは、Twitter においても新記録を樹立しました。米国東海岸時刻で午後10時17分16秒にツイートしていれば、あなたのツイートは新記録樹立に貢献しています。まさに試合が終わる頃、ファンは1秒間に4,064ツイート (TPS) を投稿し、それはスポーツイベントにおいて過去最高の秒間ツイート (TPS) を記録しました。スーパーボウル以前の秒間ツイートの最高記録は、昨年のワールドカップにおける日本対デンマーク戦の3,283 TPSでした。実際、Twitter ユーザーはこの記録を試合中に、とりわけ、パッカーズやスティーラーズのタッチダウンの瞬間やハーフタイムショーなどで合計6回も打ち破りました。しかしながら、スーパーボウルにおける秒間ツイート最高記録をもってしても、日本での年越しの瞬間の新年挨拶ツイート時に記録された秒間6,939ツイートの足下にも及びませんでした。

スーパーボウル #superbowl
スーパーボウルでの最も大きなサプライズは何だったと思いますか? 正解は Usher でした (@UsherRaymondIV)。Black Eyed Peas (@bep) のハーフタイムショーでの演奏中に突然、Usher が登場し、その瞬間、試合を通じて2番目に大きな秒間ツイートが記録されたのでした。加えて、Usher に関するツイートがその後も継続的に投稿された結果、スーパーボウル中に最も多く言及された人物は Usher となりました。Usher に続いて多く言及された人物としては、Black Eyed Peas、Slash、Eminem、Christina Aguilera、そして6番目に選手の Aaron Rodgers がランクインしました。

また、スーパーボウルのもう一つの目玉であるコマーシャルやブランドについては何が Twitter で話題になったのでしょうか? Doritos の「Pug Attack」が最も人気があり、今年のチャンピオンでした。Audi と Pepsi は僅差で2位、3位にランクインされ、その後、Chevy、Coca-Cola、Groupon と続きました。