パートナーシップチームからのご挨拶

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2013年1月9日

あけましておめでとうございます。

パートナーシップチームからのご挨拶

2012年、パートナーシップチームではTwitterを個人、企業でより活用してもらうため、様々な取り組みを行いました。

TVを観ながらTwitterを楽しむことが広がり、多くのテレビ番組でTwitterを利用していただきました。ユーザーさんがその体験をより楽しんでいただけるよう、日本初のイベントページをNHK紅白で公開しました。イベントページはNHK紅白を観ている視聴者や出演アーティストのツイートを見ることができる新しい仕組みです。

Twitterは芸能人、有名人にファンとつながる新しいコミュニケーションツールとしても利用されています。今年も多くの方々にTwitterを始めていただきました。ファンの方々にご本人であることをわかりやすくするため、アカウントの認証を本格的に始めました。

Twitterの利用は企業にも広がっています。Twitterのデータを活用した新しいサービスやアプリケーションの開発に加え、ツイートから顧客の声を集めて広告キャンペーンの分析や製品開発、提供サービスの改善など、多くのユーザーの声をビジネスに活かす形での利用が行われています。こうしたツイートの利用をできる環境を作るため、9月には日本国内及び日本語のツイートデータの提供を行う提携をNTTデータと行いました。

また東日本大震災時にTwitterが情報収集、情報発信のインフラとして活用されたことを背景に、ライフラインとしての役割も強化しました。官公庁、地方自治体を始めるとする公的機関のTwitter利用の促進を始め、ヤフー、J-wave、森ビルとの共催によるソーシャル防災訓練の実施ではTwitterを利用した避難時の情報収集、情報発信方法の訓練を行いました。また、次の災害に備えるために東日本大震災時のツイートを含む様々なビッグデータの分析を行う東日本大震災ビッグデータワークショプ Project 311 をGoogleと共催し、6社のデータ提供会社と開催しました。

2013年はTwitterをテレビ番組やスポーツ、音楽イベントで楽しんでもらえるようにより多くのイベントページの提供を行なっていきます。またさらに多くの有名人、芸能人の方々にTwitterを活用してもらい、Twitterでの情報発信を行ってもらえるようにしていきます。また、ツイートを活用したユーザーが使えるサービスやユーザーの声が反映される仕組みを企業と連携して作ってまいります。

本年もよろしくお願い申し上げます。