企業

Twitter、#自殺防止のためのリソースを増強

投稿者 ‎@TwitterGovJP‎
木曜日, 2020年9月10日

Twitterは公共の会話の健全性を何より重視しています。

Twitterでは多くの人が独自の視点を表現し、関心のあることについてオープンに議論しています。これまでにない公衆衛生上の危機という重大な現実に対応するなか、メンタルヘルスに関するヒントやリソースを求める人や、メンタルヘルスに関する自分の関心事をオープンに伝えたい人にとってTwitterを安全な場とする責任があります。

新型コロナウイルスに伴う自殺の防止

世界保健機関(WHO)によると、毎年80万人近くが自殺によって命を絶っています。また、自殺率は危機的状況が長引くと高まる可能性があります。専門家は、COVID-19の世界的な感染拡大が人々に極度の不安を引き起こし、メンタルヘルスの問題を抱えて自殺行為に至ってしまう可能性を指摘しています。米国疾病予防管理センター(CDC)が先日公開した報告書によると、メンタルヘルスの悪化に直面しているグループは、特に若者やマイノリティ、エッセンシャルワーカーなどに偏りが見られることが明らかになっています。

このような統計で示されているように、自殺や自傷行為の防止に関する世界的な会話を推進する喫緊のニーズが存在します。Twitterには自殺や自傷行為の防止に関する情報やサービスへのアクセスを提供し、その認知を向上させていく役割と責任があります。

顕在化する問題の認知向上と公共の会話の促進

今年の夏、世界中の様々なメンタルヘルス関連のパートナーと連携し、新型コロナウイルスの危機によってあらゆる人が直面する心の問題に関する認知を向上させ、率直な会話を促進してきました。NGOとの協業を拡大し、世界中で支援を必要とする人を見つけ出し、繋がり、働きかけてきました。特に、自殺防止やカウンセリングサービスを提供するパートナーと連携し、Twitter上で安心して、最も必要なタイミングで外部のサポートにアクセスできるよう取り組んでいます。

世界自殺予防デーへの取り組み

2020年9月10日は「世界自殺予防デー」です。ここでもTwitterは自殺や自傷行為の防止についての意識を高め、そのための取り組みを推進していきます。

Twitterは国際自殺予防学会(IASP)との連携を続けています。3年目となる今年もまた、「世界自殺予防デー」のシンボルであるオレンジ色のリボンの形をしたスペシャル絵文字の提供を始めます。この絵文字は23カ国語に対応しており、9月25日までの期間に #WorldSuicidePreventionDay (世界自殺予防デー)、#WSPD、#WSPD2020、#SuicidePrevention(自殺防止)などのハッシュタグをつけてツイートすると表示されます。

また日本では9月10日から16日が「自殺予防週間」と位置付けられています。#自殺予防週間、#いのち支える、#相談してみよう、#弱音を吐こう というハッシュタグでも上記絵文字が表示されます。

アジア太平洋、アメリカ、カナダ、南米、ヨーロッパ、アフリカで広く自殺防止やメンタルヘルスに関する認知向上を図る取り組みとして、世界中の20以上のNPOと協業し、Ads for Goodプログラムを提供して地域ごとのキャンペーンを分かりやすくTwitter上に表示しています。

Trust & Safety協議会のSuicide Prevention & Mental Health(自殺予防&メンタルヘルス)アドバイザリーグループのパートナーの世界的な取り組みを下記のように重点的に紹介しています。

  • #ICANHELP:アメリカ各地で自殺問題に取り組む学生リーダーの考えをTwitterで紹介。
  • #MentalHealthPH:必要な時に助けの手を差し伸べてくれた人に感謝を表明するフィリピンのハッシュタグキャンペーン #MayKaramayKa を開始。9月10日にはメンタルヘルスの専門家や心理学者向けのQ&Aセッションを開催し、リアルタイムに質問に回答。
  • Mentally Aware Nigeria:自殺行動の判断や、必要な人への支援など幅広い内容を扱うアニメシリーズを公開。
  • TELL:毎日、日本で自殺によって失われた1人の命につき1つの対策を講じることを促すオンラインチャレンジ #StepUp を9月10日(世界自殺予防デー)から10月10日(世界メンタルヘルスデー)までの期間で実施。
  • Beyond Blue:自殺願望を抱いた経験のある8人のオーストラリア人の体験談を通して、悩みを持つ人が利用可能なサポートがあることを知ってもらう。

#ThereIsHelp

Twitterは地域のメンタルヘルス機関や各市場の非営利団体と協力し、メンタルヘルス関連の貴重な情報やリソースをTwitterやメールで提供する #ThereIsHelp を展開しています。

Twitter上で自殺や自傷行為に関係するキーワードを検索すると、検索結果の一番上に、助けを求めるよう勧める案内が表示されます。今年は、地域のメンタルヘルス関連のパートナーのアドバイスを得て、いくつか新たな地域にこの表示を拡大し、最も有益な最新リソースを #ThereIsHelp として世界中で提供しています。 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

#ThereIsHelp は現在、日本をはじめ、アメリカ、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、香港、インドネシア、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ケニア、マレーシア、メキシコ、オランダ、ナイジェリア、フィリピン、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、タイ、英国で提供されています。

メンタルヘルスの改善に向けたTwitterの積極的な取り組みは、自殺や自傷行為という課題に対処する上で重要な役割を果たしており、今後も世界中のパートナーと自殺防止に取り組んでいきます。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.