企業

Twitterの新たな認証プログラムに関する意見募集

投稿者 Twitter Japan
火曜日, 2020年11月24日

3年前、私たちは多くの方からTwitterの認証プログラムが恣意的でわかりにくいというフィードバックを受け、認証プログラムを一時休止(英語)しました。その1年後、私たちはこの優先順位をさらに下げ(英語)、2020年の米国大統領選のような重要なできごとに関する会話の清廉さを保つことに注力しました。それ以来、誰がまたいつ認証を受けることができるか、なぜアカウントが認証されない場合があるのか、そして認証の意味について説明する機会を持っていませんでした。 

私たちはTwitterで自分を表現できること、また会話の相手が誰かを理解できることがどれほど重要かを理解しています。本日より、Twitterにおける皆さんの身元確認の刷新に着手します。始めに取り組むのは認証であり、新たな認証ポリシー案についてのフィードバック(英語)を募集します。皆さんからのフィードバックを求めることは、Twitterのポリシー開発プロセスの重要な部分となっています。なぜなら、人々に開かれたサービスとして、Twitterの規則が利用者の声を反映するものとしたいからです。  

 

ポリシーの構築

2021年に認証申し込みの再開を計画していますが、まず皆さんのフィードバックを得て認証に関わるポリシーを更新する必要があると考えます。このポリシーは将来の改善の基盤となります。認証の意味や資格、プロセスをより公正なものとするためにアカウントが認証を失うかもしれない理由などを定義します。 

認証対象で注目に値するアカウントの主要な種類のいくつか、また具体的で透明性の高い資格基準をより明確に定義することを始めています。提案されたポリシーによって、ブルーの認証済みバッジは公益性のあるアカウントが本人のものであることを人々に知らせるものとなっています。認証済みバッジを受け取るには、当該アカウントが注目に値し、アクティブである必要があります。

ポリシーが定義した6種類のアカウントタイプは次のとおりです:

  • 政府 
  • 企業、ブランドおよびNPOなどの組織
  • ニュース 
  • エンターテイメント 
  • スポーツ 
  • 活動家、主催者、およびその他の影響力のある個人

ポリシー案に記載の上記基準の詳細な定義は、こちらをご覧ください。 

また、運営の痕跡がないアカウントやプロフィールが不完全なアカウントの認証を自動的に削除する基準の提案や、Twitterルールを繰り返し違反していることが判明した特定の適格アカウントの認証を拒否または削除する根拠を追加しました。

新しいポリシーだけでは認証の問題は解決できず、この最初のポリシーが認証のすべてのケースを網羅しないことは理解していますが、これはTwitterの認証基準の透明性と公平さを高めるのに役立つ重要な最初の一歩です。この件の優先順位は再び高まっているのです。私たちは、このバージョンのポリシーを出発点と考えており、カテゴリーと認証基準を今後1年で大幅に拡充していくつもりです。 

 

皆さんの意見を募集

こちらに認証済みバッジのポリシー案について英語、ヒンディー語、アラビア語、スペイン語、ポルトガル語、日本語による簡単なアンケート調査を用意いたしました。また、非政府組織やTwitter Trust & Safety協議会と連携することで、できるだけ多様な視点が反映されるようにしています。

私たちは利用者の方がフィードバックをツイートすることも奨励しています。ぜひハッシュタグ #VerificationFeedback をつけてツイートしてください。

フィードバック募集期間は、本日2020年11月24日から2020年12月8日(米国時間)までです。その時点で、このポリシーについての調査結果を検討するとともに、この新しいアプローチについてチームを組織します。Twitterは最終決定したポリシーを2020年12月17日に公開する予定です。                

私たちは、皆さんが信頼できる情報を見つけ、重要な意見を耳にし、発信者の身元を信頼できるようにすることで、オープンな会話の場を確立するべく最善を尽くします。このプロセスの参加にお時間をいただきありがとうございます。皆さんのご意見を伺うのを楽しみにしています。

 

今後の予定

皆さんがご自身を表現できることはオープンな場での会話における中核であり、誰と会話するかは相手の発言内容と同じくらい重要です。私たちは、私たちはTwitter上の全ての方々が正真正銘のご自身の声を発信できる場をつくることを目指しており、プロフィール欄でご本人であることを示せるより多くの手段をご用意したいと考えています。ブルーの認証済みバッジとアカウントラベル(後述)は、注目に値する本物のアカウントをTwitterで識別するのに役立つ2つの方法です。今年、私たちは、#COVID19 についてツイートする医療専門家(英語)を認証し、米国において選挙の立候補者(英語)を識別するアカウントラベルを追加しました。 

しかし認証プログラムは、Twitterでアカウントの識別を計画している唯一の方法ではありません。私たちは新しいアカウントタイプやラベルなど、プロフィールを通して身元を認証するためのより多くの方法を人々に提供することに注力します。詳細は追ってお知らせする予定です。そして、これは2021年に向けた取り組みの最初の一歩です。今後ともよろしくお願いいたします。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
@TwitterJP

Twitter Japan

‎@TwitterJP‎ verified

日本語版Twitter公式アカウントです。

Twitter限定