企業

#世界報道自由デー で特に地域のジャーナリストを支援

投稿者 Twitter Japan
月曜日, 2021年5月3日

5月3日に世界報道自由デーを迎えます。これは、世界中の報道の自由を支援、支持するという私たちの共通の責任を毎年思い起こすための日です。

ジャーナリストは、紛争の最前線に身を置いたり、悪意にさらされたりしながら無私無欲で報道を行っており、特にこの一年間は自らの健康を危険にさらして世界中に拡大したパンデミックについて報じてきました。だからこそ、Twitterはジャーナリストと報道を支援することが極めて重要であると考えています。

そのため、Twitterは地域ジャーナリズムにスポットライトを当て、その地位を高め、支援するキャンペーンを開始します。人々が新型コロナウイルスに関する情報を求めている今、地域ジャーナリズムは世界中のコミュニティにとって欠かせないリソースです。

Twitterでの活動内容と参加方法は、以下のとおりです。

 

Twitterでの#記者をフォローしよう

Twitterは、この世界的な記念日にハッシュタグ #記者をフォローしよう を中心とした活動を企画しました。各国の著名な記者、ジャーナリズム支援団体、ニュースをフォローする熱心読者や視聴者など全てのの人に、地域ジャーナリズムの重要な事例を共有し、それに貢献した記者の地位向上を呼びかけています。その目的は、こうした記者の仕事への関心を高め、読者や視聴者を増やすことです。

 

地方紙での広告キャンペーン

Twitterは、地方紙を支援し、#記者をフォローしよう の取り組みを拡大するために、米国全土28紙の地方紙で広告キャンペーンを行っています。この広告は紙媒体とオンラインの両方に掲載され、各新聞社が作成した記者およびTwitterが作成した記者のリストへの誘導も含まれます。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

スペースを利用しよう

世界中からスペースに参加し、地域ジャーナリストの生の声を聞くことができます。

  • 日本では、@TwitterNewsJPがジャーナリストを招いて2つのスペースを開催し、ローカルの報道機関のニーズをサポートする方法や、国内のジャーナリズムの状況について話し合います。
  • フィリピンでは、Rappler社のジャーナリストが、"When journalists can't ask, we can't act"(ジャーナリストが質問できなければ、我々は行動できない)という考えに基づいて、スペースを開催します。
  • ミャンマーでは、東南アジアに拠点を置く@ViceWorldNewsチームがビルマ人ジャーナリストを集め、血なまぐさいクーデターの後に起こった #whatshappeninginmyanmar について、また、多くのジャーナリストがいかに命と自由をかけてこのストーリーを伝えているかについて語ります。
  • インドでは、ジャーナリストが現在進行中のCOVID-19の猛威の最前線で取材を行っており、ニュースルームは信じられないような課題に直面しています。この危機がメディアに与える影響について議論するために、Twitterは全国(デリー、ベンガルール、ムンバイ、グワハティ)のシニアエディターを対象に、Twitter Indiaのニュースチームとの対話の場を設けています。
  • タイでは、@suthichaiがローカルのジャーナリストを招いてスペースを開催し、ジャーナリストたちが何に刺激を受け、何に挑戦しているのか、ソーシャルメディアがジャーナリストの仕事にどのような影響を与えているのかについて話し合います。
  • ブラジルでは、@Abraji@RSF_ptが、ローカルのジャーナリズム団体5社を招いて、ブラジルのジャーナリズムの現状をテーマにしたスペースを開催します。
このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

ユネスコやジャーナリスト保護に取り組むNGOとのパートナーシップ

Twitterは、今年もユネスコとのパートナーシップを継続し、「世界報道の自由の日」の話題を喚起します。2021年の世界報道の自由の日に向けたアジア太平洋地域協議に参加し、報道の自由への取り組みについて議論し、ユネスコや世界の専門家とともに、メディアや情報リテラシーの促進におけるテクノロジーの役割について議論しました。また、「#FollowLocalJournalists」、「#WorldPressFreedomDay」、「#PressFreedom」、「#WPFD2021」というハッシュタグの絵文字を20カ国語で発表しました。日本語では、「#記者をフォローしよう」、「#ジャーナリストをフォローしよう」、「#世界報道自由デー」、「#報道の自由」 というハッシュタグを用意しています。

さらに、表現の自由と開かれたインターネットへのコミットメントの一環として、Committee to Protect JournalistsReporters sans frontièrePhilippine Center for Investigative JournalismNational Union of Journalists of the PhilippinesEngage MediaPEN Americaなどの非営利団体にトレーニングやAds for good助成金を提供してきました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

Twitterは、年間を通して報道の自由の強化と支援に取り組んでいます。@TwitterNews@TwitterNewsJPをフォローし、ジャーナリズム支援活動の最新情報をご確認ください。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
@TwitterJP

Twitter Japan

‎@TwitterJP‎ verified

日本語版Twitter公式アカウントです。

Twitter限定