イベント

2020年 #東京都知事選挙 を振り返って

投稿者 ‎@TwitterGovJP‎
月曜日, 2020年7月27日

過去最多の22人が立候補した2020年の #東京都知事選挙 は、現職の小池百合子知事(@ecoyuri)が歴代2位の366万票、得票率でも過去6番目の59.7%となり大差をつけて当選しました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

6月18日の告示日から7月5日の投開票日までの選挙戦を通して、候補者に関するツイートは630万件ありました。日別にみると、投票日の7月5日が74万件で突出しています。開票が始まると同時にメディアで当選確実が報じられた午後8時から9時の1時間が最も多くツイートされた瞬間で、19万2千件のツイートがありました。

コロナ禍における選挙ということもあり、4年前の都知事選と比べても多くの候補がTwitterで情報発信をしていました。写真や動画だけでなく、Periscopeを使ったライブ配信などTwitterの機能をフル活用し、選挙活動に役立ててくれました。

また東京都選挙管理委員会(@tocho_senkyo)も「#期日前投票に行こう」というハッシュタグと動画コンテンツを使って、投票所での密集を避けるため期日前投票の積極的な活用や、マスクの着用等について協力をお願いしていました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

Twitterでは今回も、選挙に関する会話を促進する目的で、公益財団法人明るい選挙推進協会(@Akaruisenkyo)の協力を得て、ハッシュタグ「#選挙に行こう」#東京都知事選挙」「#都知事選」をつけてツイートすると明るい選挙のイメージキャラクターである「選挙のめいすいくん」の絵文字が期間限定で表示されるようにしました。

Twitterは昨年、政治関連の広告ポリシーを改訂し、政治に関するコンテンツを広告に掲載することを全世界で禁止しています。この決定は、政治に関するメッセージのリーチは購入するものではなく獲得するものであるという信念に基づいているのです。  Twitterでは、政治に関するコンテンツとは、候補者、政党、選出または任命された政府関係者、選挙、国民投票、住民投票、法律、規制、指令、または裁判に関する結果に言及するコンテンツであると定義しています。

このポリシーでは、投票の呼びかけ、財政支援の要請、上記のような政治に関するコンテンツに対する賛成または反対意見など、政治に関するコンテンツへの言及を含む広告を禁止しています。また、候補者、政党、選出または任命された政府関係者によるいかなる種類の広告も禁止しました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.