製品

安全のための最新の改善点

投稿者 Ed Ho
水曜日, 2017年3月1日

Twitterをより安心してご利用いただけるように、これまで以上のスピードで改善を進めています。この数週間に渡り、「嫌がらせによるツイートの報告の改善」「嫌がらせアカウント作成の抑止」「セーフサーチの提供」「嫌がらせと思われるものや質の低いツイートを見えにくくする」「ブロックやミューとしたアカウントからの通知数の削減」を行ってきました。すでにこれらの改善点による効果が見られ、ご意見をくださった皆さんに感謝しています。

今週、さらに安全面のアップデートを行います。こちらに、攻撃的な内容のツイートを減らす技術の利用について、また、皆さんがご自分のお好みでコントロールいただける新しいツールのご提供について、安全性を高めるためにTwitterが行っていることについてをご案内させてください。

技術を活用した嫌がらせによるツイートの削減

今度からは、利用者の方々から報告をいただいていなくても、攻撃的な行為を行うアカウントを識別できるように進めています。このようなアカウントを発見した場合、そのアカウントからのツイートはフォロワーの方々のみがご覧いただけるようにするなど、該当アカウントの機能を一定期間制限する処置を行うことにしました。例えば、@ツイートではない形で誰かへの攻撃的な内容のツイートを行っているアカウントや、Twitterルールで禁じられている行為を行っている場合なども考えられます。さまざまな視点からの意見を自由に共有できる場であることはTwitterにとってとても大切なことではありますが、ルールに違反する言動が継続的に見られる場合はさらなる措置を行うことがあります。

この、アカウントへの一時的な規制はアルゴリズムによって不適切な行為が明確に認められた場合のみに行いますが、新しいツールのため、しばらくの間は間違いが起こる可能性もあります。もちろん、正しい結果をもたらすためにツールの改善は日々継続的に行ってまいりますので、ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

もっとコントロールいただけるように

プロフィールページに画像が設定されていなかったり、メールアドレスや電話番号の認証がなされていないアカウントなど、特定のタイプのアカウントからの通知の受け取りをフィルターできる選択肢を追加します。多くの方々から通知のフィルターについてのご要望をいただいてきた中、アップデートしてご提供できるようになりました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

昨年11月にご案内した、目にしたくないキーワードや会話などの通知をミュートできる機能を拡大し、タイムラインでもミュートを行えるようにします。また、ミュート期間も「1日」「1週間」「1ヶ月」「永久に」から選べるようにしました。これも多くの方々からご要望をいただいた機能で、順次ご提供する予定です。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

報告をいただいた後のご連絡

報告プロセスの透明性とオープン性も改善します。ご自分または他のアカウントが受けた嫌がらせアカウントやツイートに関するご報告に対し、Twitterからもご連絡をお返しするようにします。ご報告をいただいた際、およびその報告に対してTwitterが必要な措置を行う際にはご連絡をお送りします。なお、このご連絡はTwitterアプリの通知タブ上で確認いただけるようになります。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

より安全なサービスにするために行っている改善の過程で、実際にご提供する機能に加え、失敗体験や皆さんからのご意見からも、日々、安全に関わる多くのことを学んでいます。

Twitterというプラットフォームの上で世界中の皆さんに向け、さまざまな変更点を各言語で順次提供するためには数日から数週間がかかってしまうという点も含め、安全面への皆さんの大きなお力添えと辛抱強いご対応に心からお礼を申し上げます。今回ご案内したものだけではなく、これからも改善を続けてまいります。(英語ではありますが)安全面に関するアップデートについては @TwitterSafety からのツイートもご参照ください。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.