製品

新しいデータコントロールとプライバシーポリシー

投稿者 ‎@Twitter‎
水曜日, 2017年5月17日

Twitterをご利用されるそれぞれの方にあったコンテンツを提供できるように努力を続けると同時に、プライバシーやデータのコントロール部分の透明性もより高められるように考えています。

こんな考えのもと、ご自分の情報へのアクセスとその情報がどのように利用されるかをご自分でコントロールいただけるよう、最新ツールをセットでご用意します。同時にプライバシーポリシーを更新しました。

間もなく提供を開始するものをこちらにご紹介します。

ツール

透明性の向上: Twitter上の利用者の方に関する情報まわりをご自分にとってより透明にするため、統計や興味関心データや広告主が特定の利用者層をターゲットする際の参考データとなる「Twitterデータ」の項目を拡張します。データのカテゴリーをそれぞれ明確に表示し、利用者の皆さんがご自分のデータを直接管理できるようにします。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

新しいコントロール:個人を特定できない集計データの共有に関するポリシーを改定しました。このデータには、特定のパートナーが利用者の同意を得た場合に、お名前やメールアドレス等の個人情報をデータと関連付けることができる旨のパートナー契約に基いて共有されるものも含まれます。「カスタマイズとデータ」の設定部分で、ご自分のデータの共有をより細かくコントロールできるようにし、Twitterでの体験のカスタマイズや、共有したくない情報を外せるようにします。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

複数端末でのカスタマイズの共有: それぞれの方がご自分のアカウントにログインすると、Twitetrはそのログインの認証を行い、それぞれの方に向けてカスタマイズしたものを表示します。この際、その時のログインにご利用しているデバイス以外にご利用されている、他のデバイスからの情報も参考にすることがあります。今後は「カスタマイズとデータ」からこの情報を外すこともできるようにします。例えば、ラップトップからスポーツコンテンツに関するサイトを閲覧された場合、モバイルからログインした場合にもスポーツに関する広告を表示されたいかどうかを「カスタマイズとデータ」の設定から選ぶことができるようになります。

ポリシー

Webデータ: 埋め込みツイートなどのTwitterコンテンツのあるWebサイトを閲覧された時のデータのTwitterへの利用を拡大します。これはサービスをそれぞれの方に向けてカスタマイズし、もっともご興味を持たれている情報やブランドなどにアクセスしていただきやすくすることを目的としています。なお、EU(欧州連合)およびEFTA(欧州自由貿易連合)に所属されている場所にいらっしゃる方の閲覧データは保存していません。スイスー米国プライバシーシールドプログラムに参加し、Digital Advertising AllianceのSelf-Regulatory Principles for Online Behavioral Advertising (オンライン行動ターゲティング広告のための自主規制原則)を順守しています。

データ共有:各利用者がそのパートナーへの共有を同意した場合だけに行われる、名前、メールなどの個人情報を含めたデータを得ることができる特定のビジネスパートナーとの契約および個人が特定できない集合データやデバイスレベルのデータの共有も新しくしました。

プライバシーはTwitterのDNAの奥深くに入り込んでおり、その大切さを世界に広め、主張するために積極的に活動を行っています。例えば、さまざまな団体と連携し、場合によっては政府に立ち向かうことも含め、情報がより透明になるように努めていますが、この部分での業界を率いる役割となっていけるよう、今後もこの取組を続けていきます。

こちらの件に関しての詳細はヘルプセンターをご参照ください。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.