製品

声で思いをツイートする

投稿者 Twitter Japan
水曜日, 2020年6月17日

Twitterは、いま起こっている出来事について語り合う場所です。これまで、画像、動画、GIF、さらに特別な絵文字などを使って、自分らしいスタイルや個性を会話に加えることを可能にしてきました。それでも時には140文字(日本語・韓国語・中国語以外は280文字)で表現しきれず、会話のニュアンスが伝わらりづらい場合もあります。これを受けて、本日からもっと「人らしさを加えることができる新たな機能」のテストを開始いたします。それは、皆さんの「声」です。

この機能をご利用いただくには、ツイートの作成アイコンを開き、カメラの隣にある波形アイコンをタップします。下部に録音ボタンのついた、ご自身のプロフィール画像が表示されるので、こちらをタップして音声を収録します。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

各音声ツイートは、最長で140秒の音声を収録できます。もっと収録したい場合は話し続けてください。1回のツイートの上限時間に達すると、新しい音声ツイートが自動的に開始され、スレッドが作成されます。音声の収録が終わったら「Done」(終了)ボタンをタップし、ツイート作成画面に戻ってツイートができます。

皆さんの音声ツイートは、他のツイートに並んでタイムライン上に表示されるようになります。音声ツイートを再生するには、画像をタップします。こちらの機能をご利用いただけるのは現在iOSのみですが、「再生」をタップすると、タイムラインの下部に新しい小さな再生ウインドウが開き、Twitter上でタイムラインをスクロールしているときや、スマートフォンで他のことをしていたり持ち歩いている間も、引き続き聞き続けることができます(以下の画像をご参照ください)

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

始めは、音声ツイートをご利用いただけるのは、iOSの限定された利用者のみになりますが、今後、数週間のうちにすべてのiOS利用者の方がご自分の声でツイートできるようになります。詳細はヘルプセンターをご参照ください。

文章だと伝えることが難しいことや、本意が解釈されづらいことがあり得るなかで、音声によるツイートが聞き手にとっても語り手にとっても、さらに人間味あふれる体験を生み出すことを期待しています。わが家の自慢の猫や犬などのほっこりしたネタから、記者が伝える速報ニュース、抗議行動に参加してる人たちの現場の生の声など、この音声ツイートによって、意見や考えを素早く簡単にご自身の声で共有できます。皆さんがどのようにこの機能を活用し、Twitterならではの会話に新しい可能性を見出していただけるかとても楽しみにしています。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
@TwitterJP

Twitter Japan

‎@TwitterJP‎ verified

日本語版Twitter公式アカウントです。

Twitter限定