製品

「チップ機能」を全ての方に

投稿者 Twitter Japan
金曜日, 2021年9月24日

お待たせしました!Tip Jarをチップ(Tips)という名称に変更し、暗号資産を含め決済方法の選択肢を増やして、本日より皆さんに提供を開始します。

何らかのサポートを募る人々が、プロフィールやツイートに決済サービスのリンクを掲載できるようになりました。そこでTwitterは、新たに「チップ」機能をリリースし、皆さんのプロフィールにCash App、Patreon、Venmoやその他のプラットフォームでの決済方法を固定表示し、チップを気軽に送れるようにします。

お気に入りのアカウントにささやかなお礼をしたい、面白おかしいツイートで笑わせてくれる新進気鋭のコメディクリエーターへの愛を示したい、困難な状況にある中小企業の経営者を支援したい、意義のある活動に寄付したい、といった目的に(おそらく、皆さんはすでにいくつか思い浮かぶものがあるのではないでしょうか?)チップ機能を役立ててください。

まずはiOSの利用者に提供を開始し、その後、数週間かけてAndroidの利用者にもチップ機能をお届けしていきます。

チップ機能の仕組み

プロフィールページで、フォローボタンの隣に、お札風のチップアイコンが表示されていれば、そのアカウントのチップ機能は有効になっています。アイコンをタップすると、そのアカウントが利用している決済サービスやプラットフォームのリストが表示され、選択できます。利用可能なサービス*は以下のとおりです。 

  • Bandcamp
  • CashApp
  • Chipper
  • Patreon
  • Razorpay 
  • Wealthsimple Cash
  • Venmo

また、今回の正式リリースに伴い下記の決済サービスも新たに使えるようになりました。

  • オンライン資金調達プラットフォームのGoFundMe
  • ブラジルのモバイル決済プラットフォームのPicPay

タップして利用したいサービスに移動して送金してください。なお、Twitterは手数料をいただきません。 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

ライトニングネットワークを使ってビットコインでチップを送る

上記の現行決済手段に加えて、Strikeを使ってビットコインでもシームレスにチップを送れるようになりました。Strikeは、ビットコインでの送金・入金を可能にするべくビットコインライトニングネットワーク上に構築されたアプリケーションです。

Strikeはエルサルバドルと米国(ハワイ州とニューヨーク州を除く)で利用可能です。対象となる地域の人々は、Strikeに登録し、Strikeのアカウント名を入力することでライトニングネットワークを介してビットコインのチップを受け取ることができます。どのビットコインライトニングウォレットからもStrikeアカウントにチップを送ることができます。

私たちはTwitterを使う全ての人に、金銭を受け取る手段を提供したいと考えています。デジタル通貨は、この経済圏へのあらゆる人の参加を可能にし、国境を超えた金銭のやり取りにまつわる障壁を低減する、私たちが目指す世界に到達する近道となります。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

ビットコインのアドレスをチップ機能に追加する

プロフィールでチップ機能を有効にすると、ビットコインのアドレスを追加できます。アドレスをコピーして、これらの暗号資産のウォレットに貼り付けて、直接支払うこともできます。

チップ機能を有効にする手順と、チップを送信する方法については、こちらのヘルプセンターをご覧ください。

チップ機能を有効化したり、送信できるのは18歳以上となります。また、Twitterのサービスを安全に利用していただくために規定された、新しい一般的なチップポリシー(General Tipping policy)に同意していただく必要があります。このポリシーは、Twitterの執行措置の指針となるものであり、他のルールと同様に、世界中の利用者のチップ機能の利用拡大に伴い、アップデートしていく予定です。

*決済サービスの提供状況や機能は地域によって異なります。チップを送る際は第三者のプラットフォームの規約に従うことになります。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
@TwitterJP

Twitter Japan

‎@TwitterJP‎ verified

日本語版Twitter公式アカウントです。

Twitter限定