テレビターゲティングが正式に始まりました

投稿者 Twitter マーケティング
水曜日, 2015年2月4日

昨年4月、日本でも「テレビ会話ターゲティング」のベータテストを始めました。以来、国内の様々な広告主の皆さまに活用いただき、数多くの成功事例ができています。「テレビ会話ターゲティング」では番組のターゲティングのみが可能でしたが、今回、新たに機能を拡張し、テレビ番組、チャンネル、ジャンルでのターゲティングを可能にしました。「テレビターゲティング」として、本日より正式にスタートします。

Twitterでは日々、テレビ番組に関する会話が盛んに行われています。昨年のリサーチ結果では、テレビを見ているユーザーの5人に4人がTwitterを使いながらテレビを視聴したことがあることがわかりました。(Source: Macromill, Twitterユーザー実態調査, 2014年5月)

テレビターゲティングが正式に始まりました

#ワールドカップ でのツイート数は32日間累計で6億7,200万ツイートを突破し、第65回 #NHK紅白 歌合戦に関するツイートは、放送開始1時間前から放送終了30分後までの間に、486万ツイートを記録しました。国際的、国民的なイベントの時だけでなく、ニュース、ドラマ、スポーツ、バラエティーなどさまざまなジャンルの番組に関して、毎日のように意見や感想がツイートされ、Twitter上で、多くの視聴者の方々がコミュニケーションをされています。これらの会話をマッピングできるTwitter独自の技術を利用し、このようにテレビ番組にエンゲージしている方々に向けて、効果的にプロモツイートを配信することができるのが「テレビターゲティング」です。

「テレビターゲティング」の特徴
  • 既存のテレビ広告との連動ができる
  • リーチを広げることができる
  • デモグラフィックターゲティングや興味関心ターゲティングとして活用できる

「テレビターゲティング」では、テレビ番組、チャンネル、さらに特定のジャンルを選択するだけで、番組の放送時間帯だけでなく、番組の前後にもツイートしている方々に幅広くリーチできます。

テレビターゲティングが正式に始まりました

「テレビターゲティング」のターゲティングオプション
  • テレビ番組: 特定のテレビ番組にエンゲージしているユーザーにリーチできる
    • 継続的ターゲティング: キャンペーンが終了するまで番組を継続的にターゲティング
    • 放送時間帯周辺ターゲティング: プロモツイートの配信時間を番組の放送中及び放送後に限定
  • チャンネル: 特定のチャンネルで放送されている番組にエンゲージしているユーザーにリーチできる(キー局+NHK)
  • ジャンル: 特定ジャンルの番組にエンゲージしているユーザーにリーチできる(ドラマ、バラエティー等)

「テレビターゲティング」を活用した事例として、メルセデス・ベンツ日本 @mb_honki さんは新型C-Classセダン発表予告CMを #ワールドカップ 日本代表戦という大きなマーケティングモーメントにあわせ、適切なタイミングで適切なユーザーへアプローチしました。

フリマアプリ フリル @friljp さんは、人気ドラマをターゲティングし、MAP(モバイルアプリプロモーション)を活用し、アプリの訴求をしました。

テレビターゲティングが正式に始まりました

昨年末の脳科学調査では、テレビとソーシャル上でのメッセージを統一することにより、テレビ広告の効果をさらに高めることが期待できる、ということが明らかになりました。テレビ広告の出稿期間に合わせて「テレビターゲティング」を活用することで、タイミング良く、より記憶に残るメッセージを訴求することが可能になります。また、テレビ広告を出稿していなくても、番組内容や特性に合わせて、訴求メッセージを工夫することも成功への近道となります。

TV x Twitterの親和性が生み出す効果を、多くの広告主のみなさまにご活用いただき、キャンペーンの成功に貢献できればと思います。今後もさらに展開を進めてまいります。