Twitterオーディエンスプラットフォーム上のネイティブ広告を活用しアプリのインストールを促進

By ‎@TwitterMktgJP‎
木曜日, 2016年9月22日

モバイルアプリの広告主の皆さんは、Twitter内外の8億を超える方々にリーチできるTwitterオーディエンスプラットフォーム上でネイティブ広告を活用し、アプリのインストールをさらに増やすことができます。

ネイティブ広告の可能性

アプリ上のネイティブ広告とは、アプリの利用者の方々が慣れ親しんだコンテンツの体験を損なうこと無く、そのコンテンツになじんだ体裁で表示する広告です。これはアプリのルックアンドフィール、フォーマットや機能、操作感そのままを広告にも適用した、Twitterのプロモツイートと同じ考えです。

今まで広告主の皆さんは、様々な種類のモバイル向け広告を、それぞれに適したフォーマットにカスタマイズするためのクリエイティブリソースを確保することが困難でした。しかし近年、プログラマティック広告のフォーマットが普及したためその状況が大きく変わり、広告主は迅速かつ簡単にネイティブ広告を作成することができるようになりました。

アプリ開発者にとってもネイティブ広告は魅力的な広告フォーマットになりました。アドエクスチェンジのMoPubはアプリ開発者がこのフォーマットを初めて活用するためのソリューションとして約3年前(英語)に登場しました。 MoPubのモバイルプログラマティック広告のトレンドレポートでは2015年第1四半期から2016年第1四半期の期間で、アプリのネイティブ広告の在庫は251%増加しました。一方で、2016年第1四半期から第2四半期の期間で、ネイティブ広告への支出は29.6%の増加となっています。

ネイティブ広告の効果

ネイティブ広告はアプリ内の体験を損なうことなく自然に表示できるため、利用者がよりコンテンツを読み、クリックや反応するようになります。MoPubの調査によるとネイティブ広告は一般的な長方形のバナー広告に比べCTRが220%高くなり、さらにQualtrics社の今年の調査では、米国のデジタルに慣れ親しんだ若年層の58%が、バナー広告やポップアップ広告などに比べネイティブ広告に好意的という調査結果もあります。Twitterオーディエンスプラットフォーム上でのネイティブ広告のベータテストでは、バナー広告とインタースティシャル広告に比べアプリのインストール率が56%向上しました。

使い方

広告主の皆さんは既存のクリエイティブ資産を使って様々なネイティブ広告のフォーマットに合わせることがとても簡単にできます。Twitterオーディエンスプラットフォーム上でアプリインストールのキャンペーンを作成する際に「ネイティブ」を選択するだけで、各アプリのデザインやレイアウトに合ったクリエイティブを自動生成できます。

お問い合わせ

アプリインストールを増やすためのTwitterオーディエンスプラットフォーム上でのネイティブ広告の活用に関する詳しい情報、ご利用にあたっては、こちらをご覧いただくか、弊社担当営業までお問い合わせください。