ベストプラクティス

TVCMだけではリーチできなかった層へ、効率よくアプローチできるTwitter動画広告

投稿者 Twitter Marketing
金曜日, 2018年9月28日

Twitterは世の中で起きている最新の情報をいち早く発見するのに最適なプラットフォームです。その特性を活かし、企業のマーケティング活動においてブランド認知を広く獲得したい場合にも、Twitter広告は頻繁に使われています。特にTwitterプロモビデオは、様々なターゲティングと表現方法を駆使する事ができるため、ブランディング効果が期待され、多くの広告主の皆さんにご利用いただいています。

今回その効果を深掘りするため、国内大手モバイルアプリゲーム開発企業協力の下、モバイルアプリゲームのプロモーションキャンペーンにおいて「TVCMとTwitterプロモビデオの広告効果」をKANTAR JAPAN社のCrossMedia™Surveyを使い分析しました。

当該キャンペーンのターゲットへどれだけリーチできたか比較したところ、TVCMがリーチした約7割はTVヘビー視聴者層だったのに対し、TwitterプロモビデオはTVをあまり見ない層にもリーチできていることがわかりました。これはつまりTVCMだけではリーチできなかった層の多くをカバーできたと言うことです。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

また、多くの広告主にとって非常に重要なブランディング指標である「ブランド認知」獲得におけるコスト効率(認知獲得効果シェア÷広告投資額シェア)では、TwitterのプロモビデオはTVCMと比較し約4.2倍効率が良いことが明らかになりました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

今回の調査で、日本国内だけで4,500万人以上の利用者(2017年10月時点) が存在するTwitterは、リーチ獲得・ブランドの認知獲得において、TVCMと比較し非常にコスト効率が高いことが証明されました。

Twitterはプロモビデオ以外にも様々なニーズに応えられる広告プロダクトが揃っており、目的に合わせて様々な面でのカスタマイズが可能であるため、展開方法次第でより高い広告効果を発揮することができます。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

TwitterとTV番組の相性の良さは知られており、これまでにも、特定コンテンツにおけるユーザーへのアプローチに、 Twitter広告のTV番組関連のターゲティングを活用してきました。今回の調査結果から、TVCM出稿を大前提とされている広告主にとっても、オフライン・オンラインをまたいだプロモーションプランの選択肢が増えたといえます。Twitter広告の中でも、特に動画関連プロダクトには、リーチ力とブランドリフト効果の両面で大きな可能性を感じています。

吉田 優介氏

Septeni Japan株式会社 第三アカウント本部 第三営業部 マネージャー

今後も広告主の皆さんのマーケティング活動において有益な情報を紹介していきますので、どうぞご期待ください。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.