ベストプラクティス

#AdsForGoodを通じて社会に還元

投稿者 Twitter Marketing
水曜日, 2019年3月6日

創業以来、社会への還元はTwitterのカルチャーとして必要不可欠なものとなっています。Twitterのフィランソロピーの使命は、Twitterのポジティブな力を使って世界をよりよくすることです。世界中で、社会参加、ボランティア活動、慈善団体とのパートナーシップを通じてこの目的の達成に努めています。

Twitterのフィランソロピーでは以下の5つの分野に注力しています。

  1. オンラインの安全と教育:若年層を中心とする利用者に健全なデジタル市民としての意識やオンライン上の安全、メディア・リテラシーに対する理解を促進します 
  2. 言論の自由:言論の自由と人権擁護を推進することで利用者の声を守り尊重するイニシアチブをサポートします 
  3. 平等:全ての人が平等にかつ広く受け入れられる社会をサポートします。このコミットメントを果たすため、あらゆる年齢の女性やマイノリティ向けのコンピューターサイエンスやSTEM分野(Science, Technology, Engineering and Mathematics:科学・技術・工学・数学の教育分野)のプログラムを提供する団体と協働しています
  4. ITへのユニバーサルアクセス:ITリテラシーやインターネットの普及を促進しデジタル・ディバイド(情報格差)問題の緩和に尽力しています 
  5. 災害対応と復興支援:災害時、緊急対応や人道支援に役立つコミュニケーションツールやプログラムを提供しています

社会に還元する方法の一つとして、#AdsForGoodによる助成を実施しています。#AdsForGoodを通じて、非営利団体はTwitter上で広くプロモートできる無償広告枠を利用できます。

2018年、全世界でTwitterは200を超えるパートナーに258万ドル(約2億8千万円)を提供しました。

日本でも、優先分野であるオンラインの安全と教育、言論の自由、平等、ITへのユニバーサルアクセス、災害対応と復興支援の分野に力を注ぐパートナーを中心に無償広告を提供しています。

2018年には、東京自殺防止センターを始めとするTwitterのメンタルヘルスパートナーに無償広告枠を提供しました。また、LGBTコミュニティの権利を提唱するNPO法人 ReBitによるLGBT就活フェアのイニシアチブを拡散するお手伝いをしました。また、2018年の西日本豪雨災害の際にも日本赤十字から災害対応関連ツイートを多くの方に届けました。

 

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
このツイートは閲覧できません.
このツイートは閲覧できません.

オープンな情報交換により世界にポジティブな影響を与え、社会に還元することを通じて学び、つながり、一緒に成長できると信じています。そのために、地域の特性やニーズを#AdsForGoodプログラムに反映させることは重要です。この取り組みをさらに深化させ、引き続き日本の大切なパートナーをサポートしていきます。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.