製品ニュース

ファーストビューの提供1周年を迎えて

投稿者 Twitter Marketing
日曜日, 2017年3月5日

情報が溢れている現在、どのように多くの利用者の方にリーチするかは広告主の皆さんにとって大きな課題となっています。またマーケティングの世界では、新製品の発表、新しい映画やテレビ番組の宣伝、ブランドについてのコンテンツの発信などの重要なタイミングを適切にとらえることが求められています。

これが1年前にファーストビューを提供した背景です。ファーストビューは広告主の皆さんがTwitterの一番目立つ場所であるタイムラインのトップに24時間、動画広告を表示できる広告です。つまり、ファーストビューを活用すると、動画によって利用者に印象深く、適切にメッセージを伝えることができます。

さらにファーストビューは「Twitter上で今何が起こっているか」というインパクトを伝えることに最適です。たとえばJaguar USAはファーストビューとプロモトレンドを組み合わせ、利用者の方々から多くの反応と会話を獲得しました。

Twitterが実施した調査によると、ファーストビューを活用した特別な体験は、利用者の好意的な共感を生むだけでなく、購買意向や認知形成の向上に繋がるという結果になりました。例えば、タイムラインにある通常の動画広告に比べ、ファーストビューを利用した動画は当該ブランドの指標の平均値に比べて22%も上昇することがわかりました。

ファーストビューについて、知見および事例(英語)はこちらをご覧ください。

動画広告の高い効果

また、上記の調査によると、利用者の方々にとってTwitterにアクセスを始めた直後の30秒間はとても記憶に残るだけでなく、コンテンツと感情的な繋がりを発生しやすいこともわかりました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

利用者の方がTwitterにアクセスした直後に見る動画は、その後にタイムライン上で見る動画に比べて反応率が高まります。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

動画は人気のある広告フォーマットです。モバイルとデスクトップ向けのコンテンツとして動画は、少なくとも2020年までは成長を続けると見られ、インターネット利用者が消費するトラフィックの80%以上が動画だといわれています。動画をツイートする場合、画像をツイートする場合に比べ6倍もリツイートされやすいこともわかりました。

ファーストビューは多くの業界業態の企業に活用され、とても多くの利用者に説得力のあるメッセージを届けています。ファーストビューは平均で、想起率を141%、キャンペーン認知を58%、メッセージとの関連性を29%、ブランド認知を18%、そして購買意向を13%上昇させます。

成功事例

@AbemaTVではオリジナル特別番組の番宣プロモーションとしてファーストビューを実施しました。番組の視聴、認知を高めつつサービス自体への導線も図るためビデオアプリカードを活用したところ、リツイートによる拡散だけでなく、サービスへのトラフィックも非常に高い数字が獲得できました。配信パフォーマンスについても、CPIが通常のプロモトレンド実施時に比べ50%以下、コンバージョン数も通常のプロモトレンド実施時に比べ6倍獲得できました。また、ファーストビューの実施は当日のDAUにも大きく寄与しました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.

@Moto_USAはスマートフォンのMoto Zの使いやすさや新機能などを訴求するため、革新的な方法を模索していました。同社はファーストビュー、プロモトレンドおよびカスタム絵文字を組み合わせたキャンペーンを実施し、期待していた以上のリーチを獲得したため、ブランドメッセージを効果的に訴求することができました。キャンペーンの結果、キャンペーン前に比べフォロワーが3倍、日別平均被言及数が19倍に増加、8,750万インプレッションを獲得しました。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.
このツイートは閲覧できません.

Twitterは今後も広告主の皆さんのお役に立てるよう広告製品、機能を向上していきますので、ご期待ください。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.