製品ニュース

Periscopeの動画にプレロール広告の配信が可能に

投稿者 Twitter Marketing
火曜日, 2017年3月28日

Twitter上で動画を活用することで、広告主の皆さんは多くの方々により速くリーチできるようになりました。このトレンドは今後も加速されると考えられていますが、通常の動画だけではなく、今後はPeriscopeのライブ動画にも広告を配信し、ブランドのメッセージを届けられるようにします。これは、Twitter上のライブ動画そのものをプロモツイートとして配信できるプロモライブビデオや、著名インフルエンサーによるライブコンテンツなどの既存のライブ動画の活用を拡張するものです。

Periscopeのプレロール広告は、広告主の皆さんが多様なオンデマンドとライブ動画を活用し、ブランドとの関連性が高いライブ動画が配信されている前にメッセージを届けることが可能です。一方、視聴者は臨場感あふれるPeriscopeのライブ動画に参加する感覚を得られるため、この体験に合わせて作られたプレロール広告に関しても親しみを感じやすくなります。

広告主の皆さんは視聴者メリットも高いPeriscopeのプレロール広告を活用するだけでなく、スマートフォンで簡単にできるライブ配信からプロ仕様の動画配信、さらには360度ライブ配信まで、様々なフォーマットを使ってブランドに最適なストーリーを訴求できます。

使用方法

Periscopeのプレロール広告は、利用者の方がライブ動画を視聴している体験を損ねることなく、また、Twitterの他の動画広告同様の機能も搭載予定です。利用者の方がタイムラインをスクロールしたり、動画の検索結果をみる時と同様に、はじめにPeriscopeのプレロール広告が自動再生された後、ライブ動画もしくはリプレイ動画を試聴できます。

現在、Twitterは広告主の皆さんとコンテンツパートーナーのご協力のもと、目標のオーディエンスにリーチできるようにカスタムキャンペーンをテスト中です。

お問い合わせ

Periscopeのプレロール広告は、まずは一部の広告主の方々から提供を開始します。

このツイートは閲覧できません
このツイートは閲覧できません.