ライフラインアカウント検索:地域の災害情報を得るために

投稿者 Twitter Japan
火曜日, 2012年9月18日

日本のTwitterユーザーの方々に、ライフラインアカウント検索の提供が始まりました。

台風や地震などの災害時には、自分のいる地域の信頼できる情報をできるだけ早く知ることが大切です。この機能は郵便番号を入力することで、県庁や市役所など、その地域に関する災害時に役立つ情報をツイートする公共機関アカウントを簡単に見つけることができます。なお、この機能が本日まだ見えていない方も、数日のうちに利用可能になります。

例:神奈川県横浜市青葉台の場合:

  1. Twitterの「#見つける」タブをクリックすると、左手のメニュー内に「ライフライン」が表示されます。
  2. このライフラインをクリックすると、検索ボックスが表示されますので、青葉台の郵便番号227-0000を入力します。
  3. 神奈川県庁、横浜市、横浜市消防局、青葉区役所など、その地区の関係アカウントが表示されます。役に立つと思うアカウントのフォローボタンをクリックします。

ライフラインアカウント検索:地域の災害情報を得るために

関係Twitterアカウントが少ない地区は、今後、アカウントをつくっていただく努力を続けていきます。現在は、日本のユーザー全てに表示されるtenki.jp地震情報(@tenkijp_jishin) 、首相官邸(災害情報) (@Kantei_Saigai)、総務省消防庁 (@FDMA_JAPAN )、防衛省(@bouei_saigai)などが表示されます。また、このライフラインアカウント検索は、初めてTwitterのアカウントをつくる際にも、手順の中に表示されるようにしました。

なお、このライフラインアカウント検索のボックスの上に「モバイル通知」の案内を表示しています。実際に災害が起こった場合に大切なツイートを見逃すことがないよう、自分が大切に思うアカウントからのツイートが行われた場合に携帯のメールに通知、またはスマートフォンのプッシュ通知が送られるように設定することができます。モバイル通知の設定は機種によって異なりますので、ヘルプセンターでご確認下さい。

災害は世界のどこで起こるかわかりません。ライフラインアカウント検索は、現在、日本のみで提供されていますが、今後、他の国でも提供していく予定です。